ネットを挟みボールを打ち合う者が一瞬で感得する皮膚感覚は、外で観る者の何時間もの分析や、何千語の解説にも勝るものなのかもしれない――。

「コーチからは、彼女はボールをフラットに打つと言われていた。でも、実際に対戦したら、スピンをしっかり掛けたショットを打ってくるし、フットワークがとても良かった」

 これは、2度のグランドスラム優勝を誇る元世界ランキング2位のスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)が、奈良くるみと初対戦し、「最も感心させられた点」として評した言葉である。

 米国のワシントンD.C.で開催されたシティ・オープンに出場した奈良くるみは、初戦で第7シードのマディソン・キーズ(アメリカ)を破ると、以降も4つの白星を連ねて今季2度目の決勝進出。キャリアふたつ目のタイトルこそ、ケガと休養から復調中の29歳のベテラン、クズネツォワに阻まれたが、それでも奈良は「やるべきことはやった」と胸を張る。

 スコアは3−6、6−4、4−6。試合時間は2時間16分。

 だが、そのような数字以上に、冒頭で触れたクズネツォワの言葉こそが、奈良の『現在』を端的に言い表していた。

「世界で最も小柄なトッププレイヤー」である155センチの奈良だが、決勝では身長で20センチ近く上回るクズネツォワと、臆(おく)することなく打ち合った。第1セットを奪われ、第2セットでも相手に3−0のリードを許すが、そこから5ゲーム連取して第2セットを奪回。鋭い回転を掛けたショットで相手を左右に振り回し、ドロップショットやロブも織り交ぜ、前後に揺さぶりをかけていく。試合が終盤に向かうほど、パワーで上回る相手以上に、ウイナーを奪ったのは奈良のほうだ。第3セットの第9ゲームでは5度のデュースを繰り返し、ブレークポイントのチャンスも手にする。結果的には、互いに勝負に出た最終2ゲームの攻防で敗れたものの、「4−4からのゲームは取りたかったが、駆け引きもしっかりできた」と、奈良は悔いを残さなかった。

 そんな奈良のプレイにクズネツォワが驚いたことは先述したが、それに次いで残した言葉が、また興味深い。

「特に日本人選手として、あんなにスピンを打つ選手は珍しい」

 この言葉の背景にあるのは、「日本人はボールをフラットに打つ」という、選手間にあまねく定着した一般論だ。確かに日本人選手は個人差こそあれ、ボールを早いタイミングで捕え、フラット――つまりスピンを掛けない直線的な球筋のショットを打つ選手が多い。これは、欧米勢に体格で劣る日本人が、相手のパワーを生かしたカウンター主体のテニスに活路を見いだしたためだろう。もっと言うなら、163センチの身体で世界ランキング4位まで上り詰めた伊達公子が、日本テニス界に残した遺産と見ることもできるはずだ。

 今でも世界のトップ選手を畏怖(いふ)させる伊達の武器は、ボールの跳ね際を叩く「ライジングショット」と、ネットギリギリをかすめて低い弾道で相手コートに刺さる「フラット系の打球」にある。それこそが、日本人女性として極めて標準的な体格の伊達が、世界のトップに立つため編み出した奥義だ。

 しかし、この伊達のあまりに鮮烈な成功体験が、「あのスタイルこそが、日本人が世界で戦うための最良の手段」との固定観念を生んだ側面はなかっただろうか? あるいは、似た環境や境遇で育った日本人選手たちが強さを求めた結果、同じ結論やスタイルに至ったのかもしれない。

 実は奈良も、クズネツォワのコーチがそう思っていたように、以前はボールをフラット気味に打つ選手であった。ただ、ラケットの握りがスピン向きであったため、スイングの軌道とグリップが合っていなかったのだという。

 そのような状況に変革をもたらしたのが、2012年4月から奈良を指導する原田夏希コーチである。原田は就任直後から、フォアハンドの打ち方とフットワークという、テニス選手にとって最も抜本的な技術にメスを入れたのだ。

 もちろん改善への旅は、一朝一夕にはいかなかった。原田が提唱したのは、一歩を大きく踏み出すダイナミックなフットワークと、腕の回転を生かしたコンパクトかつ速いスイング。だがそれらは、細かいステップでボールへの入り位置を微調整し、相手の打球にラケットを合わす従来の奈良のテニス観とは、あまりに大きな乖離(かいり)があった。それでも奈良は1年以上の歳月をかけ、カウンター主体の受動的なテニスから、自ら仕掛ける能動的なスタイルへの改革を成す。その成果こそが、今季2度目となる今回の決勝進出であり、クズネツォワが抱いていた「日本人観」をくつがえし、驚嘆させたプレイの数々だ。

 そんな奈良と伊達公子との関連性でいうと、奈良は今大会、実に示唆(しさ)に富んだコメントを残していた。アメリカ人メディアから、「キミコ・ダテという偉大な先輩の影響は受けたか?」と問われた彼女は、次のように答えたのである。

「伊達さんのことを尊敬しているし、良いお手本でもある。具体的なアドバイスなどをもらうわけではないけれど、試合を見ていて、彼女の自信に満ちたプレイなどはとても参考になる」

 つまり奈良は、伊達の技術をマネるのではなく、テニスに向きあう姿勢や意匠を学んでいるのである。世界4位に達した伊達の才能は、ライジングやフラットショットという技術ではなく、世界に通用する独自の武器を生み出した、その独創性にこそあるはずだ――。そんな伊達の強さの本質を、奈良は目で、耳で、そして肌で感じ取ってきたのだろう。プレイスタイルこそ大きく異なるが、対戦相手の目に異質に映った155センチの奈良の姿は、オリジナリティという意味において伊達のテニスと通底する。

 今大会での快進撃は、結果として奈良を世界ランキング33位まで押し上げた。この30位台前半のランキングは、テニスの世界では特別な意味を持つ。なぜなら、グランドスラムでは上位32人に『シード』が与えられ、そうなれば3回戦までは、自分より上位の選手と当たらないからだ。全米オープン開幕まで、あと3週間――。奈良は今、その領域に限りなく肉薄した位置にいる。

 もっとも、当の本人は「そんなこと、あんまり考えなかったです」と、喜びの声に驚きの色が混じった。

「とにかくこのアメリカシーズンでは、また自分が成長していけるよう頑張っていきたいです。アメリカのハードコートとは相性が良いので、これからの試合もとても楽しみです」

 それこそが今の彼女の、偽らざる思いだろう。

 新たなプレイスタイルを模索した結果、コート上の表現力に幅が増し、日々、自分のテニスの輪郭が明瞭になっていく――。そんな彼女が進む道の先は、『シード選手』の権利と栄誉も、通過点として待っていそうだ。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki