米ツアーの今季最終メジャーとなる全米プロ選手権が、現地時間8月7日(〜10日)に開幕する(会場=バルハラGC/ケンタッキー州)。日本人選手は、小田孔明(36歳)、谷原秀人(35歳)、石川遼(22歳)、松山英樹(22歳)の4選手が参戦する。

 なかでも注目は、やはりザ・メモリアルトーナメント(5月29日〜6月1日)で米ツアー初優勝を飾った松山だろう。先のWGCブリヂストン招待(7月31日〜8月3日)でも12位タイという結果を残して、日本人初のメジャー制覇へ、彼にかかる期待は大きい。

 ただ今季の松山は、メジャー大会ではここまで際立った成績を残していない。4月のマスターズは予選落ちを喫し、6月の全米オープンでは35位タイ、7月の全英オープンでは39位タイに終わった。全米オープン10位タイ、全英オープン6位タイと奮闘した昨季に比べると、物足りなさを感じている人も多いだろうが、それには理由がある。松山の意識、立ち位置というものが、昨季と今季とではまったく異なっているのだ。

 昨季の松山は、チャンレンジャーだった。余計なことを考えることなく、果敢に攻めていったことがいい結果につながった。しかし今季の松山は、もはやチャレンジャーという立場ではなくなった。

 メモリアルトーナメントを勝って、松山はワンランク上のクラスに上がった。メジャーにおいても、優勝を期待される選手のグループ、つまり"ウイナーズ・サークル"に組み込まれるプレイヤーとなった。その証拠に、全米オープンでも、全英オープンでも、松山はすごくいいペアリング(※)だった。それは、米ツアーが松山を"ウィナーズ・サークル"の選手であると認め、リスペクトしているからである。

※全米オープンではリッキー・ファウラー(25歳)、ジョーダン・スピース(21歳)というアメリカ期待の若手トッププレイヤーと同組に。全英オープンでは、再びジョーダン・スピースと、当時世界ランキング8位(現在1位)のロリー・マキロイ(25歳)と一緒の組で回った。

 そうした状況にあって、松山自身、自分に対する期待感が大きくなった。加えて、昨季から米ツアーで戦ってきた松山は、その経験からメジャーで勝つために必要なことを知った。そして、今までは単なるイメージに過ぎなかった「どうしたら勝てるのか」ということが、自分の中で明確に描けるようになった。

 その分、自分に課すものが増えた。「もっとこうしなければいけない」ということが、松山の中でどんどん多くなっていった。同時に、自分に対してすごく厳しくなり、より高いものを求めるようになった。プレイひとつひとつの精度はもちろんのこと、メジャーで勝つためには「完璧に自分を仕上げなければいけない」という使命感が一層強くなっていったのだ。全米オープンや全英オープンで、いいショットを打っているように見えても、本人は「ショットのフィーリングが合わない」とずっと不満をこぼしていたのが、その証だろう。

 しかし、そこまで突き詰めてしまうと、ちょっとした違和感があるだけでも不安が増幅する。ほんの小さなミスをしただけでも、大きなダメージを受ける。例えば、「こうやって攻めよう」と思ったことが、少しでもうまくいかないと、「なんでこんなことができないんだ」と、自分に対する怒りがこみ上げてきて、そのあともズルズルと引きずってしまうことになる。おそらく、昨季までだったら「自分は下手だから仕方がない」と思って済まされたことが、だ。

 松山が全米オープンや全英オープンで伸び悩んだ要因は、そこにある。完璧ではない自分に不安を抱えて思い切ったプレイができず、勝つために完璧を求めるがゆえに、ちょっとしたミスを引きずってしまった。要するに、精神的なコントロールがうまくできなくて、気持ちの切り替えもままならず、結果を出せなかった。メジャーを勝つためにはどうすればいいのか、それがわかっているからこその苦しみであり、レベルが上がったことによる難しさがあった。

 そういう意味では、全米プロに向けて松山にとって大事なことは、"ウイナーズ・サークル"の一員として、プライドを持ってプレイしながらも、失敗を恐れずに戦うことだろう。そして、自分で自分をあまり追い詰めないで、思い切りのいいゴルフをすることが大切だ。

 あとは、ミスをしても引きずらずに、瞬時に気持ちを切り替えること。やはり強い選手というのは、それがうまい。かつて、タイガー・ウッズと一緒に回ったジャック・ニクラウスは、ラウンド後、タイガーの印象を聞かれてこんなことを話していた。

「タイガーは、ミスをしたときにカーッとなって怒るけど、2秒で(気持ちの)切り替えができる。その辺は、僕に似ていたね。一瞬でミスを忘れて、次の一打のこと、ゲームのことに集中できる。そこが彼の強さのひとつなんじゃないかな」と。

 2秒とは言わないが、今の松山が結果を出すためには、気持ちの切り替えがうまくできるかどうかが、大きなポイントになるだろう。

 何はともあれ、松山にはメジャーを勝つだけの力がある。精神的にも、肉体的にも、それだけの力を身につけてきている。そして、勝つための準備においても、その密度が一段と濃くなっている。

 まして、松山はメジャーの戦い方を知っている。初日、2日目は、予選突破を第一に考えて、丁寧に、丁寧に攻めて、きちんと結果を出せる。一転、3日目、4日目には、勝負を仕掛けていける。言い換えれば、厳しいコース設定における「リスクと報酬(危険を覚悟して、確かな技術で挑戦すればスコア上の報酬が得られること)」にも、しっかりとチャレンジできる。そこでは、ボギーやダブルボギーを叩く可能性もあるが、松山はリスクを冒して攻めていける技術も、度胸もある。まさにメジャーの、4日間のゲームというものを的確に演出できる選手なのだ。

 とすれば、最終的に勝負を決めるのは、パッティングとなる。メモリアルトーナメント以降、松山のパッティングの調子は今ひとつだったが、パットさえ決まり出せば、一気にチャンスは見えてくるはずだ。

 とりわけ、全米プロというのはシーズン終盤に行なわれるため、トッププレイヤーのピークが下降線にあったりして、最後に調子を上げてきた意外な選手が台頭することが過去にもたくさんあった。そのため、「シンデレラボーイを生み出すメジャー」とも言われている。松山が今回、"シンデレラボーイ"になっても何ら不思議ではない。

 そうは言っても、最後に付け加えておきたいことがある。松山が"ウイナーズ・サークル"の一員となって、まだ数カ月しか経っていないということだ。ワンステップ上がれば、それまでとは違った悩みを抱え、精神面の置きどころも一層難しくなってくる。そんな状況にある松山に、性急に結果を求めるのは酷なこと。松山自身、目の前の結果にこだわって、焦る必要はないと思っている。

 この、もがき苦しんだ経験は、来年、そして再来年に必ずや生かされるはずである。今は優勝という結果よりも、日本人選手で初めてメジャーで勝ち負けできる領域へと足を踏み入れようとしている、松山英樹の挑戦をしっかりと見届けたい。

三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho