ヤフー検索で逮捕歴 請求を棄却

ざっくり言うと

  • ヤフーでの検索結果の表示差し止めなどを求めた、京都市の男性の訴訟
  • 7日、京都地裁が公共の利害に関する事実であるとして、男性の請求を棄却
  • 男性は、自身の名前で検索すると過去の逮捕歴が明らかになると訴えていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング