1

写真拡大 (全4枚)

ちゃんこのグレーゾーンに光を当てろ!

今日は完全に私憤です。役に立つ情報など一切なく、ましてや速報性などありません。知ってどうなるものでもない無駄な愚痴。本来ならチラシの裏にでも書けと言われるものでしょうが、紙よりもインターネットのほうがエコではないかという現代情報社会的発想により、ココで4000字ほど愚痴をやります。

テーマは「ちゃんこのグレーゾーン」について。

僕は相撲を見に行くのが好きなのですが、相撲を見た日は昼も夜もちゃんこと決めております。ここで言う「ちゃんこ」とは狭義のちゃんこであり、具体的には鶏肉が入った鍋料理のことを指します。何故鶏肉かと言うと、相撲では「鶏は二本足で立つ(手を地面につかない)」ことから鶏肉が縁起がよいと言われており、多くのちゃんこ屋でも鶏肉中心の鍋を提供しているからです。ちゃんこ=鶏肉というのは、焼肉=牛肉と同じくらい定番化したものなのです。

ただ、そこは緩やかな角界のことですので、実際の鍋には豚肉も入りますし、あまり見かけませんが牛肉が入っていても問題はありません。その背景には広義のちゃんこ、つまり「相撲取りの食事は何でもちゃんこです」という緩やかな定義があるわけです。米もソバもハンバーガーも何でも「ごはん」と呼ぶような話です。

しかし、だからと言って、本当に広義のちゃんこを押し通した場合、世間はどう思うでしょう。相撲取りがアイスクリームを差し出しながら「はい、ちゃんこ」と言われて納得できるでしょうか。かの「ちゃんこダイニング若」が全メニュー牛丼だった場合、「牛丼太郎じゃねぇか!」と言わずにいられるでしょうか。僕は無理です。最低でも何らかの鍋は残していてほしい。それがなければ、ちゃんことは言えないと思うのです。

今回、そんなグレーゾーンに果敢に攻め入ってきた団体があります。何を隠そう、本家本元・日本相撲協会です。協会自らちゃんこのグレーゾーンに突っ込み、「このぐらいならいけんじゃね?」という態度を示してきやがったのです。

僕は今こそ問いたい!「鶏肉を中心とし、野菜などと共に煮込んだ鍋料理」以外のものを「ちゃんこ」と認められるのかどうかを!そして、そんなことを言い出したら、もはや何でもアリになるが、その覚悟はあるのかと!暇な付け人がお茶をしている国技館前のサンマルクカフェが、いつもと同じチョコレート入りクロワッサンを「チャンコクロワッサン」と言い張っても協会的には問題ないのかと!世間よ、今こそ声を上げようではないか!

ということで、九月場所では協会に直接詰め寄ってやろうと思っている「グレーゾーンちゃんこ」についてチェックしていきましょう。


◆玉ノ井部屋のソーセージ&ベーコン入りちゃんこを超えてきたか!


僕はこれまで一番引っ掛かったのは、何年か前に国技館の地下で食べた「玉ノ井部屋の鶏ガラベースのソーセージ入りちゃんこ」。そこにはソーセージとともにベーコンや白菜などが投入されていたのですが、僕はそれを見ながらまんじりと考えこんだもの。「ポトフ…?」と。

しかし、ポトフとちゃんこ鍋はひょっとしたら一緒かもしれない。ソーセージとベーコンの主張がやたら強いだけで、鍋料理っちゃ鍋料理な気がする。僕は疑問を闇に葬り、小保方博士的な感じで「SOPPちゃんこであります!」と心で唱え続けました。

↓結構な打率で玉ねぎ・ニンジン・ソーセージ・コンソメ味のポト…ちゃんこは出てくるぞ!

ポト……じゃないよ!

ちゃんこだよ!

世界の食卓から ポトフ(50.4g)【世界の食卓から】

価格:216円
(2014/8/7 12:17時点)
感想(5件)



国技館内にケータリングのピザ屋が出店しようが、錣山部屋が「カレーちゃんこ」というスープカレーみたいなちゃんこを提供しようが、「これはちゃんこだ」「これはちゃんこだ」「これはちゃんこだ」と念仏を唱え、じっとこらえてきました。しかし、もう限界。もう許せない。いくら何でもこれは違うだろう。ついに協会は、僕と白黒つけようと戦いの土俵に乗ってきたのです。

↓どうしても納得いかない!大相撲九月場所で提供される「追手風部屋のバラエティちゃんこ」がコレだ!


初日〜5日目:「大栄翔大好き 湯どうふ」
6日目〜10日目:「遠藤大好き! カレーもつ」
11日目〜千秋楽:「親方おすすめ! ソップ炊き」

「湯どうふ」じゃん!

それは完全に「湯どうふ」じゃん!

どっちかって言えばダイエットメニューじゃん!

豆腐でおうちゃくダイエット

価格:823円
(2014/8/7 12:22時点)
感想(13件)



「大栄翔って誰だよ」という疑問はさておき、もうこれは言い逃れが出来ない「湯どうふ」じゃないですか。狭義のちゃんこ鍋でも高打率でとうふは入っているという現状認識において、あえて「湯どうふ」と言い切るということは、昆布出汁の湯に豆腐を突っ込み、白菜などとともに煮込み、小鉢のポン酢につけて食べるアレのことですよね。それは、ちゃんこっていうか、湯どうふじゃないですか……。紛れもなく……。

何かほかの2種は「大好き!」ってなっているのに、湯どうふだけ「!」がないあたりには、若干のうしろめたさがあるんじゃないですか。追手風的にも。だって、湯どうふですもん。そして、湯どうふにかき消されてはいますが、ほかも地味に攻めてきていますよね?

↓遠藤が好きだという「カレーもつ」とやらも、有り体に言えばカレーですよね?

いっそ、ライスもつけてくれよ…。

おにぎり2個つけて500円にしてくれよ…。

しかも、10日目まで湯どうふとカレーというメニューでバラエティ攻撃をしてきたくせに、急に最後のほうだけド定番ちゃんこに戻るという変わり身の早さ。どうせなら最後の5日間も「手打ち麺入り豚骨スープちゃんこ」とかにして「それラーメンじゃん!」とツッコませてくれたらいいじゃないですか。僕もそういうのツイッターに載せたいですよ。最後だけちゃんとするんじゃないぞと。

↓遠藤が絡めば中身はどうでもいいというワケではないぞ!

遠藤応援シートはマス(近い)じゃなくてイス(遠い)!

そしてデザインする気が一切ないタオルと、「只今製作中」のポストカードがついてくる!

これは久々に雑な企画wwwww

イスを売りたいという邪念満載wwwww

1時間で御社の売上を伸ばす販促鉄板ワザ40 [ 竹内謙礼 ]

価格:1,512円
(2014/8/7 12:25時点)
感想(8件)



遠藤が絡んでくることが重要で、その他は多少グレーでも構わない。微妙な感じでもオッケー。湯どうふとかカレーとかタオルにそういう思惑を感じるのは僕だけでしょうか。先日チラッと触れた「貴乃花親方と行く大相撲プレミアムシート」なる35万円の日帰りツアーといい、若干企画関連が緩くなってきている感じが見受けられます。一旦は諦めた「日本相撲協会への転職(※普通に仕事するだけでスゴイ褒められそうな職場探しという意味)」も、真剣に再検討してもいいかもしれませんね。ちょっと希望がわいてきますね。給料も比較的よさそうですしね。

「力士が作る温かい液体」までちゃんこと認める場合、コーヒーもちゃんこ!