お風呂に沈めても動作する、ソニーの防水ワイヤレススピーカーSRS-X1:レヴュー

写真拡大

ソニーが6月に発売したポータブルBluetoothスピーカー「SRS-X1」は、防水を謳う球体型デザインのユニークなスピーカーだ。その音質と防水の性能を、とても意地悪に検証した。[一部、メーカー保証範囲外の使い方も含まれている]

「お風呂に沈めても動作する、ソニーの防水ワイヤレススピーカーSRS-X1:レヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIRED
・浴室でも安心して使えたIPX7/IPX5の強力な防水性能
・パワフルでシャワーを浴びながらでも音楽を聴ける

TIRED
・1台のみのワイヤレス接続ではモノラル再生

日本人の例に漏れず、ぼくは長風呂が大好きだ。入浴時にすることは防水のスマートフォンを手にネットブラウジングをしたり、録りためたTV番組を観たり、音楽を聴きリラックスしている。

そんなぼくの悩みは、スマートフォンの内蔵スピーカーのボリュームが決定的に足りないこと。そして解決策として目を付けたのが、ソニーの防水ワイヤレススピーカーの「SRS-X1」だった。

球体型ボディのSRS-X1は拳よりも小さい最大外寸80.5个如Bluetoothによりワイヤレスでスマホの「音」を飛ばせる。AndroidのスマートフォンであればNFCのワンタッチで接続できるし、2台用意すればステレオスピーカーにもなる優れものだ。

ぼくがBluetoothスピーカーを使いたい場所は浴室なので、スピーカーを選ぶ際に必ずチェックするのが最大ボリューム。意外に多くの製品がパワー不足でシャワーを浴びながら音楽を聴けるだけのパワーを備えていない中、総合出力5Wを達成したSRS-X1は、最大ボリュームまで上げなくても、シャワーを流す傍らでもTVの音声をしっかり聞き取ることができた。

音質については、SRS-X1は一般的な1台接続時にはモノラルになるし、スピーカーユニットは上向きで360度の無志向サウンドなので、HiFiと呼ぶには無理がある。けれども、その再生音は想像以上にクリアでTV番組の声も聞き取りやすく、音楽再生では低音のビートを感じ取れる程。このサイズを考えると、合格点どころか、出来すぎな程によく出来ている。

そして、SRS-X1は防水スピーカー、「水」に関しては極めてタフだ(ソニーが公式に謳う防水条件はIPX7/IPX5だ。詳しい動作環境はこちらで確認してほしい)。

ぼくが実際に使ってみたお風呂では、音楽を流したままバスタブに沈めても動作に問題はないし(ただし、水中用スピーカーではないのでバスタブに沈めたままでは音は聞こえない)、手を離せば水面へと浮かぶ。SRS-X1のスピーカー開口部は上向きで浮いた状態では水面に顔を出すので、浮かんだままでも音楽を鳴らせる設計だ。

意地悪に音楽を鳴らしている最中にユニットに水を掛けても、その振動で水を飛び散らすタフネスぶり。1リットルほどのバケツなら、無理に水中に沈めたままでも水を振動させ、音楽が鳴るほどにパワフルなのだ(それをして何の意味があるのかは、ここでは置いておこう)。

時が経つのも忘れて、かれこれ2時間ほど電源を入れて音楽をかけたまま、お湯に沈めては浮かせを繰り返したり、シャワーを当て続けたり、水に流したり、水中に固定して沈んだままにしたり、本体を傾け2/3ほどを水没させたまま音楽を聴いたりを続けたが、ぼくのテストしたSRS-X1は、なんて事なく動作している。よほどの事がなければ浸水する心配はなさそうだ。

ところで、今回テストしたSRS-X1は2台あったが、うち1台を検証中に不用意に入浴剤を入れた湯船に浸して汚れてしまったので、キッチン用洗剤でゴシゴシと洗うことにした。それでもSRS-X1は音楽を鳴らし続けたということを、最後に記しておこう。

SRS-X1|ソニー

TAG

AudioComfortGadget Test