左から「銀座デミグラスカリー」、「銀座チーズカリー」

写真拡大

明治は2014年8月11日、レトルトカレー「銀座カリー」などがある「銀座シリーズ」から、ソースや具材に特別にこだわった"逸品メニュー"「銀座デミグラスカリー」「銀座チーズカリー」を全国発売する。

「いつもと違う、ちょっといいカレーを食べたい」というニーズに応えた

「銀座シリーズ」は、古き良き日本の洋食文化をルーツとして、本格的な洋食のひと味、ひと工夫にこだわった洋食ブランド。今回、「いつもと違う、ちょっといいカレーを食べたい」というニーズに応える形で、新たに2品の逸品メニューが登場する。2品とも、自慢の二段仕込みブイヨンと独自製法の「ソテービーフ」を使用した「銀座カリー」がベースとなっている。

「銀座デミグラスカリー」は、デュクセルソースでコクを出し、奥深くも芳醇な味わいのソースに、3種のきのこ(まいたけ、エリンギ、マッシュルーム)が入った食べ応えのある商品。仕上げに生クリームとバナナピューレを加え、味に深みを出した。

「銀座チーズカリー」は、パルミジャーノレッジャーノチーズを溶け込ませ、さらにフルーツチャツネで深みを出した濃密なカリーソース。とろ〜りとしたモッツァレラチーズのほか、スパイス感を高める山椒が食欲をそそる。

内容量200グラム、希望小売価格は各280円(税別)。