自粛欠場明け初戦 新田祐大のGII連覇だ

 初出場、それも特別な舞台でも、地元ファンの後押しがいつも以上の力を発揮させることになる。

 今年2戦目のGII戦「松戸サマーナイトフェスティバル」(8月8日【金】〜9日【土】)は、初日9戦が全て予選。その勝者だけが2日目のファイナルに進む真夏のナイター短期決戦だ。S級S班は自粛欠場明け初戦を含む7人が出走予定も、予選は1人ずつ振り分けられる。333バンクだけに、展開しだいで波乱の余地は十分ある。

 6月取手記念で、ファンイベントに来場していた武田豊樹と久々に話をした。「レースが続いている時はできなかった練習もしました」と充実した表情で語り、一緒に来ていた弟子の牛山貴弘ともども体は仕上がっていた。あの時から約1カ月半。待ち望んだ実戦で全てを出し切る。

 地元勢では石井秀治が初物尽くしの戦い。今年前半戦にGIを3戦初めて経験後、今期は初のS1入り。サマーNFはもちろん初参加で、さらに初出場の前橋オールスター(9月11日〜)では第8位の票を集め、いきなりドリームレースから走る。プレッシャーをパワーに変えて選手は成長する。今回は先行で活路を見いだしてほしい。

 さて、並びと展開。南関は根田空史─石井の地元千葉両者。関東は武田─平原康多で、平原の前回りも。北日本は新田祐大成田和也の3番手に佐藤友和か。西日本は中部の深谷知広浅井康太の親王牌1、2着コンビ、近畿は稲垣裕之村上義弘稲川翔、そして九州の荒井崇博大塚健一郎が有力。他では岩津裕介藤木裕が圏内と見た。

 武田と稲垣で主導権争い。根田が早めに踏むところを深谷がカマし、その上を新田が襲いかかる。

 本命は新田。自粛欠場前の最終戦、伊東共同通信社杯に続くGII2連覇だ。スピード勝負で差のない深谷が対抗。3番手評価は武田と村上義が互角で、逆転もある。

 伏兵は原田研太朗田中晴基猪俣康一の機動型3選手。サマーNFは、昨年のいわき平で原田が【2】【6】と好走。田中と猪俣は初参戦も、逃げれば勝機がある。

 また、同時開催、初のガールズケイリンフェスティバルの予選は3戦あり、2着までと3着1人が勝ち上がる。106期の新鋭、小林優香石井貴子(千葉)の力が抜けている。マッチレース濃厚で、3番手も同期の奥井迪だ。

◆プロフィール 山口健治(やまぐち・けんじ) 1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

◆アサヒ芸能8/5発売(8/14・21合併号)より