メモ1枚も危険 緊迫のエボラ治療

ざっくり言うと

  • 国境なき医師団の看護師が、エボラ治療施設について会見で公開した
  • メモ用紙の1枚も持ち出すことができない「要注意区域」などの様子を報告
  • 点滴を夜間のうちに抜いてしまう例など、医療の難しさも説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング