『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール (アスコム英語マスターシリーズ)』上野陽子 アスコム

 今年も夏休みが始まりました。海外旅行の計画を練っている方も多いと思いますが、海外に行った際、「もう少し英語が話せたら良いのに...」と感じた事はありませんか? 

 人に道を聞いたり、レストランで注文をしたり、現地の人と交流をしたり......。気軽に英語でコミュニケーションが取れると楽しみも倍増するものです。

 そんな楽しみを手助けするため、海外出発1週間前でも間に合う英語力上達の本を紹介します。

 タイトルは『1週間で英語が話せるようになる26のルール』。著者はコミュニケーションアナリストとして活躍する上野陽子さんです。

「幾つかのルールがわかれば、英語はだいぶ楽に話せるようになるのです。そのルールをまとめたのが、この本です」(本書より)

 そう語るように本書は、短期間で英語の仕組みがわかるように、基本的な26のルールについて書かれてあります。つまり7日間で26のルールを頭に叩き込めば、かなり英会話力が上がるというのです。

 たとえば10個目のルールに"will と be going to を使い分ける"というものがあります。いずれもおおまかに「未来形」と覚えている人にとっては、使い分けができること自体、驚きではないでしょうか。

 ちなみに本書では以下のように解説されています。

will→話している時点で決めた提案や予定
be going to→すでに決定している予定。現在の状況から、起こりそう・予想されること。

「willとbe going toは、今決めたか、前から決めていたのか『点』と『線』の違いがあります。またwillのほうが『決定する』という意志も感じられる言葉です」(本書より)
 

 また、本書には、英語の基本的なルールの他に、"前置詞のイメージをとらえよう!"という項目があります。そこには、各前置詞のイメージを以下のような表現で記しています。

「内側にある」イメージのin
「接触している」イメージのon
「特定の一点」や「尺度」のイメージのat
「多くの中のひとつ」をイメージさせるof
「何かを捧げる」イメージのfor
「寄りそう」イメージのby

 間違えやすい前置詞もこうしてイメージで捉えると断然理解しやすくなります。

 本書を読めば1週間ですらすら話せるようになるかは、元々の英語力にもよりますが、英語の基本ルールをしっかり押さえることができるので、海外旅行に行く前に、一度目を通しておくと旅がより楽しくなることでしょう。