【漫画】トラウマ必至!? ホラー好きライターもビビった“最恐”コミック4選

写真拡大

うだるような暑さが続く日本の夏。“怖い話で盛り上がる”のは昔の人が編み出した伝統的な納涼方法だが、最近はテレビ局の自主規制などで心霊番組・ホラー映画の放送がめっきり減ってしまった。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

そこで今回は存分に涼んでもらうため、怖い!とファンから太鼓判を押されているホラー漫画 4タイトルを紹介。どのくらい怖いのかを“ホラー好きな小心者”の記者がビビった度合いとして付記してあるので、ご参考にしていただきたい。

■ヒトの本能をえぐる“不条理ホラー”の傑作 ――『不安の種』

時代は昭和または平成。場所は日本のあちこち。老若男女さまざまな人の日常に、突如として“異質な存在”が紛れ込む怖さを描いた短編ホラー。固定の主人公はおらずエピソードごとに交替する。

わずか2〜5ページほどで終わるエピソードが多く、たとえば「下校する少女の背後に“何か”が立っていて、裁縫用ハサミで少女の耳を切り落とす」といった話。文字だけでは伝わりにくいが、実に不安をかき立てられる内容だ。

背後にいたのは人なのかバケモノなのか? なんの目的で耳を切り落とすのか? 被害を受けた少女はその後どうなるのか? ……読んだ人間なら当然浮かぶであろう疑問に答えが提示されず、読者はタイトル通り『不安の種』を抱えたまま次のエピソードに投げ込まれる。

「暗闇への恐怖」「人のような姿をした何者かへの恐怖」「自分だけが狙われる恐怖」「動機がわからないことへの恐怖」「解決方法が示されない恐怖」など、ヒトが本能的に持っているあらゆる恐怖心のツボを作者・中山昌亮氏は的確に攻撃してくる。

不条理系のトラウマホラー作品としてネット上ではカルトな人気を誇り、好評のうちにシリーズ通算7巻(全3巻+続編4巻)で終了。2013年には実写映画化もされた。こちらのサイトで約50ページを試し読みできるので、夜間に冷房を効かせながら“不安”に苛まれてみてはいかがだろうか。

【怖さ評価】4/5 ★★★★☆
【備考】『呪怨』シリーズを難なく視聴できる記者が押入れのわずかな隙間に怯えはじめるレベル

■日本人向けにアレンジされた王道ゾンビサバイバル ――『アイアムアヒーロー』

アシスタント業で食いつなぐ底辺の漫画家、鈴木 英雄(35歳)。いちおう彼女はいるものの、漫画の才能に乏しく、妄想癖を抱えた社会不適合者の英雄はいわゆる負け組だった。そんな彼の冴えない日常をよそに、周囲では少しずつ“異変”が起こりはじめていた。

マスクを装着する通行人が街に増え、人が人に噛み付くという傷害事件も発生。さらに英雄自身も、クルマに轢かれて致命傷なのに平然と歩き去る人間を目撃する。そんな日々がしばらく続いた後、ついに“異変”が日本中を覆う。知性を失ってゾンビ化した人々があふれ、噛み付くことで仲間を増やしていく終末の光景。そこに投げ込まれた英雄は、いやおうなく生き残るための戦いを開始する……!

大泉洋さんの主演で、2015年に実写映画公開が予定されている本格的サバイバルホラー。作者は“不器用なオトコ”を等身大で描くことに定評ある花沢健吾氏だ。本作でもダメ人間が主役だが、生き残るための戦いを強いられる世界観は超ハード。襲いかかる多数のゾンビ化した住民、噛み付きによる血液感染(ウイルス)で際限なく敵が増えていく絶望的なシチュエーション、生存者たちとの出会い・共闘・別れなど、基本的なところは欧米の王道的なゾンビ映画に忠実なつくりとなっている。

しかし単なる模倣ではなく、日本的なアレンジ要素をあらゆるところに追加。主人公を含む生存者たちの心情描写がとても細やかで、物資や食料、弾薬の不足などゾンビ映画で無視されがちな“補給”の問題までリアルに描いているのは好印象。

さらに「ウイルス感染したキャラクターが理性を取り戻す」「ゾンビ騒ぎをネット上で“祭り”として歓迎するひきこもり人間たち」などのシーンもあって読者を飽きさせない。ゾンビ映画を下敷きにしながら、設定や伏線にこだわった丁寧な作風はしっかり日本の漫画だ。

コミックスは現在15巻まで発売され安定した人気を誇っているが、純粋な怖さだけでいえば1〜2巻が最高潮。とりわけ1巻ラストで描かれる“ある人物”のゾンビ化シーンは泣けるほど恐ろしく、また泣けるほどせつない。まとまった休日があるなら、ぜひイッキ読みをオススメしたい。

【怖さ評価】4/5 ★★★★☆
【備考】モツ料理を食べながら『死霊のえじき』を鑑賞できる記者が1巻ラストで逃げ出したくなったレベル


■恐怖の頂点に20年間君臨する最凶サイコホラー ――『座敷女』

リア充な大学生活を謳歌する森 ひろし。しかし、アパートの隣人につきまとっている不気味なストーカー女と出会ってしまった日から、彼の地獄がはじまる。

「電話を貸して欲しい」「あなたの部屋に忘れたポーチを返して欲しい」。女からの些細なお願いに親切心で何度か応じていくうち、ひろしは気づいてしまう。ストーカー女の恋愛対象が隣人から自分へ移っていたことに……。

作者は『バタアシ金魚』『ドラゴンヘッド』をはじめ多彩な作風で知られる望月峯太郎氏。その鬼才が理不尽に迫りくる“ストーカーの恐怖”を描いた作品だ。出版されてから20年あまりが経過するが、いまだにネット掲示板で「トラウマになった漫画を語る」系のスレッドが立てられた場合、ほぼ間違いなくこの作品が上位ランク入りしている。

とにかくストーカー女が怖い! その一言に尽きる。異様な長身でのっぺりした表情、不潔で不快なファッション、いつの間にかターゲットの電話番号を入手し、合鍵まで作ってしまう行動力。脈絡のない電波な言動、超人じみた身体能力と、いくら殴られても平気なタフネス。ごくごく普通に生きていた青年がこんな“バケモノ”に求愛され、追い詰められていく様子は悪夢というほかない。

全1巻という短さが良い方向にはたらき、最終ページのラスト1コマまで徹底して読者に恐怖を与えてくれる。未読の人はぜひこの夏に、あえて玄関ドアのカギを開けたまま読んでみてほしい。電子書籍版も売られているので入手は難しくないはずだ。

【怖さ評価】5/5 ★★★★★
【備考】平然と『ミザリー』を鑑賞できる記者が女性恐怖症に陥りかけたレベル

■容赦ない“いじめ”が可憐な少女の手を血に染めた ――『ミスミソウ』

家庭の事情で田舎の中学校に転校した野咲 祥子。そこで待っていたのはクラスメイトたちの苛烈ないじめだった。

靴を捨てられるなど序の口。針で刺される、ボウガンで狙われるなどいじめはエスカレートしていき、ついに自宅へ放火され大切な家族を失ってしまう。それでもいじめは終わらず「家族の後を追って死ね」と本気の殺意を向けられた時、祥子の“逆襲”が始まる……!

作者は『でろでろ』をはじめ明るいムードの心霊コメディ漫画家として知られる押切蓮介氏。昨年『プピポー!』がアニメ化され、この先に『ハイスコアガール』の放送も控えている売れっ子だ。そんな押切氏が本作ではギャグ・心霊要素をいっさい封印し、思春期の少年少女によるいじめを通じて“人間の心の怖さ”という新境地に挑んだ。

第1巻を丸ごといじめ描写に費やしただけあって、読者に与えるストレスとトラウマ度は相当なもの。のちに、「自分がいじめられたくないからいじめに加担する少女」「祥子に憧れるあまりいじめてしまう少女」「生徒たちに疎まれたくないからいじめを見過ごす教師」など加害者側の背景も明かされていく。

いじめを生んだ個々のキッカケはどこにでもあるものだが、積み重なっていくうちに全員を巻き込んだ“取り返しのつかない惨劇”へ繋がるストーリー構成&バイオレンス描写は圧巻。全3巻(完全版は2巻)と短めの作品だが読むうちに精神をガリガリ削られていくので、元気があり余っている時に読んでいただきたい。

【怖さ評価】5/5 ★★★★★
【備考】『ソウ』シリーズの残虐シーンに動じない記者が重度のトラウマに苛まれたレベル