「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどくてん) 〜毒を持つ生き物〜」にやってきた、つぼみさん

写真拡大

アダルトビデオの世界で約8年にわたって活躍し続けるAV女優のつぼみさん。

最近はAVだけでなく、ラッパーのPUNPEEさんの楽曲「Bad habit」のMV出演や、ミュージシャンや俳優と幅広く活躍する星野源さんの楽曲「くだらないの中に」のカバー動画を投稿するなど、今までわからなかった意外な一面を見せています。

今回はそんなつぼみさんによる、一眼レフカメラ連載企画。その名も「つぼみが覗くカメラの向こう側☆」Vol.1の模様をお送りします!

初回は、池袋サンシャインシティにあるサンシャイン水族館で開催中の、毒を持つ生き物の展示会「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展) 〜毒を持つ生き物〜」へ行っていただき、思うがままに猛毒を持つ生物たちを撮ってもらいました!

RE_IMG_3117



また、AVレーベル・性格良し子ちゃんを主催する、映像作家のターボ向後さんにも、つぼみさんのカメラ指導係として来ていただきました!

この連載では、つぼみさんが色んな場所に行って、ターボ向後さんの指導を受けながら色んなモノを撮影。この連載を通して、つぼみさんのカメラ技術の向上を目指すといった内容になります! つぼみさんは一眼レフカメラは持っているものの、全くの初心者。

上手くなるためには、まずは写真を撮る楽しさを味わうことが肝心。

ということで、最初はただひたすら、つぼみさんに自由に写真を撮っていただきました!

以前から、爬虫類が好きで、ご自身もヘビを飼っているというつぼみさん。今回の「もうどくてん」も楽しみにしていたそうで、生物や昆虫の何が魅力的なのか訪ねてみたところ、「かっこいい」、「人から恐れられているから人に触られることもなくて、汚れてない」とのこと。

そんなつぼみさんが自由に撮った毒を持った生物たちの写真をご堪能下さい!!! 最後には、ターボ向後さん撮影の、つぼみさんのオフショットを掲載しております!



つぼみがリーフスティングレイ、ラッパウニ、ヒョウモンダコを激写!


つぼみさん

つぼみさん



オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼ/背びれに魚介類の中でも1、2位を争う程の強力な毒を持っているそう… 怖すぎる><



RE_DSC_1335

エイの仲間のリーフスティングレイ/尾びれに毒針を持っていて、踏んでしまうととんでもないことになるそう…



RE_DSC_1336

ミノカサゴの仲間のハナミノカサゴ/海の貴婦人と呼ばれる程の美しく長いヒレを持っていますが、胸ビレと背ビレに毒を持っているそうです。また、肉食性で小魚やエビを一瞬で丸呑みするそう…



RE_DSC_1342

ラッパウニ/ラッパ型の特殊なトゲでかみつくように動くそう。でもスピードが遅いので、いざ出くわしても、冷静に回避すれば大丈夫



RE_DSC_1346

入り口にいるあの黄色いキャラクターのヒョウモンダコ/フグと同じ毒性を持っていて、噛まれると神経が麻痺したり、呼吸困難になってしまうようです



スローロリス

スローロリス/今回の「もうどくてん」のポスターにもなっている、唾液で毒を全身に塗るサル。性格は攻撃的ではないそうです。夜行性のため、ひたすら寝ていました。



オニヒトデ

オニヒトデ/腕の数は、個体によっては8本から21本もあるそうで、まさに「鬼」/こちらは編集部撮影



ムラサキハナギンチャク

ムラサキハナギンチャク/ハナギンチャクの仲間。主に砂地に生息していて、触手を使って小さな魚を捕まえて食べるようです/編集部撮影



アカクラゲ

アカクラゲ/この美しすぎる触手に触れると、小魚の動きが鈍るそうです/撮影は編集部



次は毒虫のご紹介… ドックドックします


RE_IMG_2615



RE_DSC_1350

世界最大級のやばいクモこと、ゴライアスバードイーター/クモだけあって、危険を察知すると、足で蹴ってお腹から毒毛を飛ばすと… でも死亡した例はなく、かぶれる程度とのこと。



攻撃的な性格のベトナムオオムカデ/なんとネズミを毒で眠らせて食べる程の最強のムカデとして知られています

攻撃的な性格のベトナムオオムカデ/なんとネズミを毒で眠らせて食べる程の最強のムカデとして知られています



ダイオウサソリ

ダイオウサソリ/世界最大級の危険なサソリ… 刺されると筋肉が麻痺・痙攣し、呼吸困難によって死亡することもあるそう…/編集部による撮影



アメリカドクトカゲ

アメリカドクトカゲ/トカゲの中では唯一の毒を持つトカゲで、何度も噛むことで毒を染み込ませる怖い側面がある一方で、唾液に含まれる毒は糖尿病の薬としても使われているそうです



RE_DSC_1365

背中からミルクのような毒を出すカエルこと、ジュウジメドクアマガエル/毒の程度や、毒の種類は不明とのこと



ゴンズイ

身近な磯の有毒生物・ゴンズイ/集団で行動し、死んでも毒だけは残るそう



ハオコゼ

ハオコゼ/敵に見つからないようにカモフラージュしているそう



ここでつぼみさんの自由時間は終了。ここからは、ターボ向後さんと一緒に写真の確認タイムに移ります。

ターボ向後からのワンポイントレッスン!


左:ターボ向後さん 右:つぼみさん

左:ターボ向後さん 右:つぼみさん



アドバイス

横撮影と縦撮影を使い分ける


今回は、被写体が生物ということもあり、中々動かない生物がいたり、中には夜行性の生物がいたりと、写真に違いをつけることが難しいようでした。つぼみさんは、ずっとカメラを横にした状態で撮影していましたが、動かない被写体の場合は、横と縦を使い分けることで、撮影した写真の見せ方に差をつけることができるそうです。

アドバイス

レンズを変えてみる


もう1つ、撮影した写真に差をつける方法として一番有効なのが、レンズの種類を変えること。今回つぼみさんが使用したのは、いわゆる一般的なズームレンズ。そこから違った絵を撮るために、今回は広角レンズに取り替えることとなりました。

レンズを変えて、縦でも撮ってみよう!


ゴライアスバードイーター

左が通常のズームレンズ、右が広角レンズで撮影したゴライアスバードイーター



アングルは異なりますが、なんとなく雰囲気がガラッと変わったように感じます。ここからは、広角レンズで撮影していただきました。

RE_DSC_1368



RE_DSC_1381



RE_DSC_1392



RE_DSC_1388



つぼみさんのカメラ連載「つぼみが覗くカメラの向こう側☆」第1弾はいかがでしたでしょうか? 今後もつぼみさんに色んな場所に行っていただき、色んな物を撮影していただこうかと思っております。

さて、最後は、ターボ向後さんによるつぼみさんのオフショットコーナー! 是非ご覧下さい!!!

ターボ向後の「つぼみ劇場」 開 幕


水族館の撮影に来たからといって、生物だけを撮影しなければならない決まりはない。ターボ向後さんにも撮影をお願いしたところ、生物ではなく、物語風の「つぼみ劇場」の撮影がはじまりました。

その場所・風景をどう切り取るかには、無限の可能性があり、それを探ることも写真を撮る魅力の1つだそう。それでは「つぼみ劇場」をご覧下さい!

RE_001



池袋サンシャインシティにて絶賛展示中!!! 「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどくてん) 〜毒を持つ生き物〜」にやってきたつぼみ嬢。

RE_002



しかし昨日の夜、映画好きの彼女は昆虫パニック映画のカルト傑作『フェイズIV 戦慄!昆虫パニック』を見てしまい、ある恐ろしい妄想に囚われていた……

つぼみ 東京が危ない!!映画みたいに 毒毒モンスター達によって私達の街が占領されてしまうわ!!!

RE_003



RE_004



なんとか毒毒モンスター達から街を守らねば!!

意気揚々と毒毒毒毒毒毒毒毒毒展へと潜入するつぼみ。

RE_006



しかし毒毒モンスター達の迫力にたじろぐつぼみ……

RE_007



RE_008



勇気を振り絞って戦おうとした瞬間…… アァァァァァァァァ!!!!! 謎の毒毒毒毒毒毒毒毒毒生物がつぼみを襲う!!! はたしてつぼみの運命は?!!

photo by ターボ向後

あなたのAVの見方が変わる つぼみ×性格良し子ちゃん特別対談