写真提供:マイナビニュース

写真拡大

内勤中心で、職場を見渡しても男性だらけ。そのうえ勤務時間は不規則なので、たまに休みがあっても寝ているうちに一日が終わる。彼女どころか、女性と出会うきっかけも少ないと嘆くSE男子は少なくありません。

しかし、ちょっとした行動を起こして彼女をゲットしたSE男子だって実際にいます。そんな彼らの経験を参考に、SE男子が彼女を作るための方法をご紹介します。

○ネットやSNSを介して彼女を作る

周りに男性が多いため、女性と話し慣れていないことも多いSE男子。まずは、ネットを介して、女性とコミュニケーションをとってみてはどうでしょうか。インターネットの普及により、SNSを通じて知り合い、結婚まで至ったカップルも珍しくはありません。

時間をかけることなく、気楽に出会いを探すことができますし、何より、ネットという同じ趣味を持つもの同士であれば、付き合える確率もうんと高くなるはずです。

○友だちカップルの協力を得る

「友だちの紹介って学生じゃないんだから……」と思うかもしれませんが、なかなか出会いがないSE男子にとっては、紹介も1つの方法です。

また、紹介してもらう相手は、友だちの彼女の女友だちがベスト。というのも、紹介してもらった後は自然と友人とその彼女、自分と紹介してもらった女性といった4人で行動することが多くなるので、会話に詰まって沈黙ができてしまったり、女性と1対1で緊張したりといった不安事がなくなります。何より、友だちカップルが盛り上げてくれることで、いい感じの雰囲気になることも期待できますしね。

○SE男子ならではの強みを見せる

あえて、SE男子ならではの強みを見せてアピールしてみてはいかがでしょう。

ほとんどの女性は、機械に弱い生き物です。周りの女友だちがスマホやPCの設定で困っていたら、「ちょっと見せて」といった感じで代わりにやってあげる。自分にとっては何でもないことでも、女性からすれば、頼りがいのある部分を見せられると、それだけで意識してしまうこともあるのです。

ただ、このときに「俺ってすごいでしょ? 」といったドヤ顔は禁物。それをしてしまうと、せっかく上がったあなたに対する評価もガタ落ちになってしまいます。

SE男子に限らず、仕事が忙しかったり、インドア体質の男性が無理に飲み会や合コンに参加したりして彼女を作ろうと思っても、結局は疲れてしまうだけ。そうではなく、自分の性格や生活環境に合った方法を見つけて、そこから彼女を作る努力をしてみてはどうでしょうか。

※画像は本文と関係ありません。

(LISA)