ロぺは食べ物、アキラ先輩は生き物の名前でしりとり

タカラトミーは、音声認識機能搭載でしりとりができるしゃべるぬいぐるみ「しりとりロペ」 と「しりとりアキラ先輩」を、2014年8月9日に発売する。

300種以上の単語、約50種のセリフを収録

幅広い年齢層に人気のショートアニメーション「紙兎ロペ」にでる、ウサギの「ロペ」とリスの「アキラ先輩」が繰り広げるゆるくてシュールな会話をしりとり遊びができるぬいぐるみで再現したもの。「ロペ」は食べ物の名前、「アキラ先輩」は生き物の名前に対応し、各300種以上の単語、約50種のセリフを収録している。

電源を入れると「おー、なんかヒマだし、生き物しりとりやんねー?」(しりとりアキラ先輩)とぬいぐるみがしゃべり出し、しりとりが始まります。ぬいぐるみに言葉を発するときには、ぬいぐるみの左手のスイッチを押してから話す。1度出た言葉を2度言ってしまった時や、答えられずに30秒以上経ってしまったり、「ん」で終わる言葉を言ってしまうと、ぬいぐるみが対応したコメントで勝敗を教えてくれる。

希望小売価格はそれぞれ3480円(税抜)。