笹井氏、研究員が気づいた異変

ざっくり言うと

  • STAP論文の著者の一人である理研の笹井副センター長が5日、自殺した
  • 4月に行われた謝罪会見の1か月前、笹井氏が入院していたことが明らかに
  • 退院後も、理研の研究員は笹井氏と話をするたびに違和感を覚えたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング