『ロシュフォールの恋人たち』カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・オルレラック ©1996 - Ciné-tamaris

写真拡大

ジャック・ドゥミの生涯と業績を振り返る『ジャック・ドゥミ 映画/音楽の魅惑』展が、8月28日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンター7階展示室で開催される。

【もっと写真を見る】

ジャック・ドゥミは、『カンヌ国際映画祭』でパルムドールを受賞した1964年の『シェルブールの雨傘』や、1967年の『ロシュフォールの恋人たち』といったミュージカル映画で人気を博したフランスの映画監督。『シェルブールの雨傘』のヒットにより主演のカトリーヌ・ドヌーヴを世界的なスターにしたことや、作曲家ミシェル・ルグランとの共同作業でも知られる。

『ジャック・ドゥミ 映画/音楽の魅惑』展は、フランス・パリのシネマテーク・フランセーズで行われた展覧会のアジア初の巡回展。映画のスチール写真や撮影スナップ、美術のデッサン、製作資料に加え、ドゥミが手掛けたアート作品の展示を通して、ドゥミの世界観に迫る。会期中は、専門家によるトークイベントや、1978年に製作された日本との合作映画『ベルサイユのばら』を、同展コミッショナーのマチュー・オルレアンの解説付きで上映するイベントなども開催される。