『BIG EYES(原題)』©Big Eyes SPV, LLC

写真拡大

ティム・バートン監督の映画『BIG EYES(原題)』が、2015年1月から東京・TOHOシネマズ有楽町ほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などの作品で知られるバートン監督の最新作。1950年代から60年代にかけて世界中でブームとなった、大きな目をした子どもの絵画『BIG EYES』シリーズを巡り実際に起きたスキャンダルが主題になっている。物語は、『BIG EYES』シリーズの作者として脚光を浴びたウォルター・キーンの妻で、同シリーズの本当の作者であるマーガレットが、自分が唯一感情を表現することができる『BIG EYES』を守るために真実を公表する、というもの。

バートン監督をはじめ、女優ジョーン・クロフォードやキム・ノヴァクなど世界中に数多くのファンを生み出した『BIG EYES』の作者で実在の画家であるマーガレット・キーンを演じるのは、『アメリカン・ハッスル』で今年の『アカデミー賞』主演女優賞にノミネートされたエイミー・アダムス。『BIG EYES』を自分の名義で販売していた夫のウォルター・キーンを、『ジャンゴ 繋がれざる者』で『アカデミー賞』助演男優賞を獲得したクリフトフ・ヴァルツが演じる。

なお、11月1日からは東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで映画キャラクターの原画や、写真作品、オブジェ、未公開映像作品など約500点からバートン監督の世界を紐解く『ティム・バートンの世界』展が開催。同展は2015年2月27日から大阪・グランフロント大阪でも行われる。