日本サッカー協会は5日、SBSカップ国際ユースサッカーに臨むU−19日本代表メンバーを発表した。

 2015年に行われるFIFA U−20ワールドカップ2015出場を目指すU−19日本代表メンバーには、アーセナル所属のFW宮市亮を実兄に持つ、湘南ベルマーレ所属のFW宮市剛や、Jリーグ・アンダー22選抜にも名を連ねる名古屋グランパス所属のMF青木亮太などが選出された。

 静岡県で行われる今回の合宿は11日から17日までとなっており、初日から3日間のトレーニングの後、14日より2014 SBSカップ国際ユースサッカーが開催される。U−19日本代表は14日にU−19コロンビア代表と初戦を迎え、15日に静岡ユースと、17日にU−19韓国代表との対戦が予定されている。

 発表されたU−19日本代表メンバーは以下のとおり。

▼GK
中村航輔 (柏レイソル)
吉丸絢梓 (ヴィッセル神戸)
林瑞輝 (ガンバ大阪ユース)※トレーニングパートナー

▼DF
三浦弦太 (清水エスパルス)
内田裕斗 (ガンバ大阪)
内山裕貴 (コンサドーレ札幌)
宮原和也 (サンフレッチェ広島)
中谷進之介 (柏レイソル)
石田崚真 (ジュビロ磐田U-18)

▼MF
大山啓輔 (大宮アルディージャ)
川辺駿 (サンフレッチェ広島)
青木亮太 (名古屋グランパス)
渡辺凌磨 (前橋育英高)
坂井大将 (大分トリニータU-18)
鈴木徳真 (前橋育英高)

▼FW
金子翔太 (清水エスパルス)
越智大和 (産業能率大)
宮市剛 (湘南ベルマーレ)
表原玄太 (愛媛FC)