しいたけってどうやってできるの?〜つくるところからお店にならぶまでを学ぶ2日間〜

写真拡大 (全2枚)

 シータス&ゼネラルプレスは、農林水産省「平成26年度フードチェーン食育活動推進事業」のひとつとして、『つくると食べるをつなげよう〜畑と田んぼから食卓へ〜』プロジェクトを立ち上げ、無料体験ツアーを年6回実施する。

 同社は、これまで培った“食”に関するノウハウ・実績をもとに同事業へ参画。食習慣の乱れや食事バランスの偏り、それに伴う生活習慣病等課題を解決すべく、消費者を対象に「和食」をテーマとし、座学での学びだけではなく、生産から加工・流通・消費までのフードチェーンの一連の流れを体験・体感させるイベントを企画し実施していく。

 無料体験ツアー第1回は8月23日〜24日に「しいたけってどうやってできるの?〜つくるところからお店にならぶまでを学ぶ2日間〜」と題して、茨城県のしいたけ農家などを見学。1日目は自分たちで収穫した生しいたけ、2日目は米としいたけの佃煮をプレゼントする。応募は同プロジェクト公式サイトの「イベントに参加する!」より受け付けており、8月11日が募集締め切りとなっている。