日本代表のワールドカップ敗退が決定してからちょうど1ヶ月後の7月24日、メキシコ人監督ハビエル・アギーレの日本代表監督就任が正式に発表された。

 事前に情報が漏れていたこともあり、当日の会見における原博実専務理事の口から出た「ハビエル・アギーレさんと合意しました」という発言自体に大した驚きはなかった。また、アギーレがどういう指導者であり、どのようなサッカーを好むのかという部分に関しても、彼が来日する前段階でかなりの情報が溢れているため、すでに新鮮味が薄れた感も否めない。どこか頭でっかちで、偏見に満ちた状態で新監督を迎え入れるような雰囲気も世間に漂(ただよ)ってはいるが、しかし、これはあくまでも見る側の問題である。

 その一方で、これから新しい監督が新しいチーム作りを行なうことについて、おそらく肝心の選手たちは気持ちを新たにしてモチベーションを高めているに違いない。"4年後のW杯ロシア大会には......"――心の奥底でそう誓う選手は、それこそ数えきれないほどいるはずだ。果たして新監督アギーレは、自らが望むスタイルを実践するために、どのような選手を招集してチーム作りに励むのか。代表監督は、選手選考が仕事の大半を占めると言われるため、まずは見る側の興味も自然とそこに注がれる。

 実際、過去を振り返っても分かる通り、新しい監督が就任すると、必ずチームを構成する選手も変化する。もちろん、就任直後の試合は前監督時代の選手を基本にチームを編成するケースが多いので、9月に予定される親善試合(5日・ウルグアイ戦@札幌、9日・ベネズエラ戦@横浜)は、W杯ブラジル大会のメンバーが中心となることが予想される。しかしながら、その後は少しずつ変化していくだろう。

 いずれにしても、今後の注目は、やはりザッケローニ時代に招集されなかったどのような新戦力が青いユニフォームを着るのかという点である。もちろん、日ごろ高いレベルでプレイしているヨーロッパ組が中心となるのだろうが、来日後のアギーレが日常的に視察するであろうJリーグでプレイする選手たちにも十分にチャンスはあるはずだ。

 周知の通り、アギーレは過去にメキシコやスペインのクラブチーム、そしてメキシコ代表を率いた経歴の持ち主だ。しかし、決められた予算内で限られた選手をやりくりするクラブチームを指揮する場合と、ある程度自分好みの選手を集めて自らの理想を目指せる代表チームを率いる場合では、事情も手法も異なる。

 アギーレはスペインのクラブを率いた時代、特にアトレティコ・マドリードを除くオサスナ、サラゴサ、エスパニョールの監督を務めたときは、限られた予算と選手の中で格上クラブと戦うためのチーム作りを強いられた。堅守速攻は、その当時アギーレが監督として生き抜くための術(すべ)となったわけだ。その一方で、メキシコ代表チームを率いたときは、予選で勝ち抜くためのチームと、本大会を戦うチームは多少変化している。本番では、試合ごとにシステムを使い分け、選手のポジションを変えるなどして、引き出しの多さや柔軟性という部分も見せている。

 たとえば、2010年のW杯南アフリカ大会では、予選は主に4−4−2で戦いながら、本番では4−3−3を使いつつ、3−4−3(フランス戦)、そして4−2−3−1(アルゼンチン戦)と、対戦相手によって戦い方を変えている。よって、選手にはユーティリティ性という部分を求められることが十分に予想される。

 ただし、過去のチーム作りから判断すれば、基本的にアギーレは実戦的な選手を好んで使う傾向が強い。これは、クラブチームでも、代表チームでも共通している。

 ここで言う「実戦的」というのは、試合の中でより効果を発揮する選手のこと。もっと分かりやすく言えば、国際試合でも通用する戦闘能力の高い選手ということになる。いくらテクニック、スピード、高さなど際立つ武器があっても、プレイが軽く、球際で弱く、1対1の場面で簡単に負けてしまうような選手だと、試合の中では埋もれるからだ。

 そういう視点でJリーグを見てみると、ザッケローニ時代に招集されていない「原石」がいくつか浮かんでくる。

 まず、GKに関しては、国際経験が豊富な川島永嗣(スタンダール・リエージュ)が最有力となりそうだが、将来性を考えると、浦和レッズの西川周作が次なる正GKとなる可能性は高い。判断能力、俊敏性、足もとの技術、プレイエリアの広さ、修正能力など、これから経験を積めばまだまだ伸びるはず。幸いレッズは首位争いを繰り広げているため、アギーレの視察する回数が多くなることは確実。ハイパフォーマンスを継続していけば、来年1月のアジアカップを任される可能性も十分にある。

 DFでは、鹿島アントラーズの昌子源(しょうじ・げん)。昨季終盤から頭角を現し、今季は鹿島の主力となった182センチのセンターバックだ。まだ21歳ながら、スピード、パワーはリーグトップレベルで、現在も急激に成長中。鹿島は伝統的に強いCBを育ててきただけに、秋田豊、岩政大樹(ともに元日本代表)の系譜を継ぐ大型CBとなる可能性を秘めている。まさにアギーレ好みの実戦的なタイプである。

 その他、鹿島で昌子とコンビを組む19歳の植田直道(186センチ)、ガンバ大阪のCBとして台頭した20歳の西野貴治(187センチ)も将来の有望株。身体能力の高さやポテンシャルという部分ではアギーレ好みのタイプと思われ、伸びしろも十分にある。W杯ロシア大会に間に合うかどうかは微妙であるが、さらなるフィットネス向上、実戦経験などを積めば可能性がないわけではない。まずは2016年のリオ五輪に出場し、国際舞台で活躍することが条件となるだろう。

 ヨーロッパ組がひしめくMFで挙げるとすれば、今季から浦和でプレイする青木拓矢(24歳)も面白いだろう。大宮アルディージャ時代、鈴木淳監督の下で年々進化を遂げ、守備から攻撃、攻撃から守備への切り替えもレベルアップ。何より球際の強さ、アグレッシブなプレイがアギーレ好みと言える。国際経験の少なさは否めないが、優勝争いを繰り広げる浦和でメンタルの強さを磨けば、可能性はあるはずだ。

 同じくMFでは、鹿島の柴崎岳(22歳)も有力候補になる。プラチナ世代として以前から注目を浴びている柴崎だが、ザッケローニ時代は代表候補どまりだった。技術、センスは折り紙つきなので、あとはより強く、ハードでタフなプレイを身につければ、アギーレの目に留まる可能性は出てくるはず。

 そしてFWでは、やはりサガン鳥栖の豊田陽平が最有力か。すでにザッケローニ時代も招集されたストライカーではあるが、ポストプレイ、ゴール前での強さ、ポジショニングなど、Jリーグでゴールを量産するだけの実力は誰もが認めるところ。アギーレが縦に速いサッカーを目指すとすれば、豊田が招集されても不思議ではない。

 その他のFWでは、川崎フロンターレで台頭する小林悠(26歳)、プラチナ世代の代表格であるG大阪の宇佐美貴史(22歳)あたりもポテンシャルは高い。まだまだ実戦的な部分では十分とは言えないが、裏への飛び出しとユーティリティ性という武器を持つ小林も、ドリブル、スピード、センスは申し分のない宇佐美も、球際の強さや相手との駆け引きの部分でさらに成長すれば、アギーレジャパンに定着する可能性は十分にある。

 果たして、アギーレはJリーグからどんな原石を見つけてくれるのか。まずは、来年1月に予定されるアジアカップまでに何人のニューカマーたちが選出されるのか、要注目である。

中山淳●文 text by Nakayama Atsushi