●夢物語を斬る

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© タカヒロ・田代哲也/スクウェアエニックス・「アカメが斬る!」製作委員会
<キャスト>
アカメ:雨宮天
タツミ:斉藤壮馬
マイン:田村ゆかり
レオーネ:浅川悠
シェーレ:能登麻美子
ラバック:松岡禎丞
ブラート:小西克幸
ナジェンダ:水野理紗
エスデス:明坂聡美
イエヤス:高橋孝治
サヨ:小松未可子
アリア:佐藤奏美
首斬りザンク:鶴岡聡
クロメ:大橋彩香
セリュー・ユビキタス:花澤香菜

●ストーリー
人が次第に朽ちゆくように国もいずれは滅びゆく────
千年栄えた帝都すらも今や腐敗し生き地獄
人の形の魑魅魍魎が我が者顔で跋扈する
天が裁けぬその悪を闇の中で始末する
我等全員、殺し屋稼業────。
帝歴 1024年。
帝国の圧政によって苦しむとある村の少年剣士・タツミは、村を救う希望とお守りを胸に、幼馴染みと共に帝都へ出稼ぎに出発する。
道中、夜盗の襲撃に遭い散り散りになりながらも、たった1人帝都に辿り着いたタツミを待ち受けていたのは、絶句するほどに腐敗しきった帝都の真の姿だった。
「最近、帝都の重役や富裕層の人間を狙う恐るべき殺し屋集団がいる。」
一方でそういった噂を耳にしたタツミは、身をよせた貴族の家で闇夜に潜む彼らの存在に気がつく。
殺し屋集団────── ナイトレイドたちの存在に。
●オープニング
タツミが眠っていると時折見るイエヤスとサヨの夢。

タツミ「節ねえ夢だったな。」

そんな彼の傍らには寝惚けているシェーレが!

シェーレ「今日から私はタツミの上司なのです。むにゃむにゃ。」

しかも眼鏡を落として、

シェーレ「わあ、眼鏡、眼鏡!」

あまりにもお約束過ぎるシェーレ。

※結構天然?
●シェーレ
シェーレの指示によって鎧を着たまま泳ぐタツミ。

シェーレ「私はアジトで役割とか無いので集中して訓練出来ますよ。」

※シェーレはドジっ娘過ぎて家事は向いていないようです。

そんなシェーレにも辛い過去が…。それが彼女のナイトレイド入りのきっかけ。

彼女のどんな状況でも冷静な精神、それが殺し屋としての最大の武器であるとも言えます。
●透け透け帝具
タツミが試しで使った帝具、それを使うと色々な物が透けて見えるようになります。つまり、

アカメ、マイン、シェーレの服が透けて見えてブ○ジャーやパ○ティ丸見え!

ナジェンダ「お前には向かなかったようだな。」

※残念!

タツミ「これだけ帝具があれば死んだ人間を生き返らせる帝具があるかも!」
ブラート「無理だ!」

それは帝具を作った始皇帝自身が不老不死を作れなかったのが最大の証拠。それを悟ったタツミは意気消沈します。

そんなタツミを優しく抱き締めるシェーレ。

シェーレ「みんなには内緒ですよ。」
●スラム街
レオーネとスラム街にやってきたタツミ。そこはレオーネにとっては自宅の庭みたいなものですが、彼女は飲み屋のツケを踏み倒して逃げ回っている状態。

タツミ「レオーネが殺されないか心配だよ!」

スラム街で迷子になったタツミ、そこで出会った帝都警備隊の少女・セリュー。彼女は帝具・コロ(ヘカトンケイル)を所持していますが…。

※タツミと彼女とは後に敵として再会する事になります。

「アカメが斬る!」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アカメが斬る!」第4話「死によって訪れた平穏」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第3話「マイン、タツミを認める!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第2話「初仕事」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第1話「ナイトレイド」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「アカメが斬る!」TVアニメ公式Webサイト
「アカメが斬る!」AT-X公式Webサイト