ティム・バートン新作公開決定、アート界で起きた衝撃の実話を映画化。

写真拡大

「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」などの話題作を贈りだす世界的ヒットメーカー、ティム・バートン監督の最新作「BIG EYES(原題)」が、GAGA配給にて2015年1月より日本公開することが決定した。

「BIG EYES」は、1960年代のアート界に衝撃を与えた「BIG EYES」シリーズを巡る、実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻が引き起こしたスキャンダラスな事件を描いた作品。このたび、本作初の場面写真がウェブで解禁された。

さらに、11月1日(土)からは「ティム・バートンの世界展」の開催も決定。会期は東京が11月1日から2015年1月4日まで(森アーツセンターギャラリー)、大阪が2015年2月27日から4月17日まで(グランフロント大阪)。

☆「BIG EYES」ストーリー

1950年代から60年代にかけて、どこか悲しげな大きな目をした子どもを描いた“ビッグ・アイ”は大女優ジョーン・クロフォードやキム・ノヴァクからも愛され、世界中で大ブームとなった。作者のウォルター・キーンは美術界の寵児として脚光を浴びるが、実はその絵は内気な性格の妻、マーガレットが描いたものだった。“キーン”という署名の絵は飛ぶように売れたが、欺瞞の日々も長くは続かない。自身の感情を唯一表すことのできる“BIG EYES”を守るため、ついにマーガレットは真実の公表を決意する!実際に起こったアート界を揺るがす大スキャンダル。果たしてこの事件の行方は?

「BIG EYES」は2015年1月TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー。