<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」を制したローリー・マキロイ(北アイルランド)が昨年の3月以来の首位に返り咲いた。
「WGC-ブリヂストン招待」のリーダーズボード
 マキロイに惜しくも敗れたセルヒオ・ガルシア(スペイン)は前週の5位から3位に浮上。同大会で12位タイに入った松山英樹は順位を1つ落とし16位。米国男子ツアー「バラクーダ選手権」で優勝したジェフ・オギルビー(オーストラリア)は216位から126位に大きく順位を上げた。
 国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で悲願のツアー2勝目を挙げた小平智は337位から200位と100ランク以上順位を上げている。
【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(9.41pt)
2位:アダム・スコット(9.24pt)
3位:セルヒオ・ガルシア(7.78pt)
4位:ヘンリク・ステンソン(7.67pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.46pt)
6位:マット・クーチャー(6.77pt)
7位:バッバ・ワトソン(6.67pt)
8位:ジム・フューリク(6.48pt)
9位:ジェイソン・デイ(6.19pt)
10位:タイガー・ウッズ(5.91pt)
16位:松山英樹(4.88pt)
62位:小田孔明(2.17pt)
81位:石川遼(1.75pt)
125位:谷原秀人(1.30pt)
126位:ジェフ・オギルビー(1.29pt)
200位:小平智(0.87pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】いつかは、ダイヤモンドのように
G・オギルビーが逃げ切りでツアー通算8勝目!今田竜二は61位タイ
松山「今週のプレーを活かしたい」竹谷「一言、“ダメ”」
【関連リンク】
オリンピックの競技方法は72ホール個人戦が本当にいいの?
最新のギア情報&試打レポートをチェック!