写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国民生活センターはこのほど、「環境省からの指示で、2020年からエアコンのフロンガスが使用できなくなる」等という勧誘に関する相談が複数寄せられていることを明らかにした。

ある70歳代の女性のもとには、ある日「エアコンのフロンガスをノンフロンガスに交換する」という電話が突然かかってきたという。

「環境省」がノンフロンガスに交換することを推奨していると語っていたというが、環境省は「現在、使用しているエアコンに冷媒として充填(じゅうてん)しているフロン類を、フロン類以外のものに入れ替えるように指示はしていない」としている。また、「エアコンの中のフロンガスが2020年から使用できなくなる」とエアコンの交換を持ちかける詐欺も報告されている。

同センターは、「2020年は、フロン類の一種(HCFC:ハイドロクロロフルオロカーボン)の生産等を全廃する年として定められているだけ。冷媒としてフロンガスを用いているエアコンが2020年から使用できなくなるということはない」とし、「フロンガス」に関する勧誘に注意を呼びかけている。

写真と本文は関係ありません

(フォルサ)