韓国で女子高生ら3人が同級生の女子生徒に売春を強要し、暴行するなどした上、死亡した後に遺体を燃やし、セメントなどで埋めていたことが分かり、起訴された。韓国・聯合ニュースの4日付の報道として、中国新聞網が同日伝えた。

報道によると、慶尚南道金海市の女子高生3人は昨年4月以降、同級生の女子生徒に売春をさせ、酒を飲ませて嘔吐したものを食べさせる、身体に熱湯をかける、殴打するといった暴行を繰り返していた。

女子生徒は体が衰弱して4月10日、自動車内で突然死。3人はその遺体を燃やし、セメントや土などで埋めていた。

(編集翻訳 恩田有紀)