遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第16回】

 ツール・ド・フランスのような数週間に渡る長丁場のレースで、連日200キロ近くを走行する選手の疲労度は相当なものだ。蓄積した疲れをいかに取り除くかが、レースを勝つ上で重要なカギとなっているのは間違いないだろう。その大事な役割を担っているのが、「マッサー」という存在だ。3年後のツール参戦を目指しているTeamUKYOのマッサーに話を聞いた。

 あらゆるプロフェッショナルスポーツには、その競技独特の裏方的役割がある。自転車ロードレースの場合は、『マッサー(masseur/フランス語源で「マッサージャー」の意味)』と呼ばれる仕事がそれに相当するだろうか。

 選手の脚力が勝負のキモとなる競技である以上、長いシーズンを戦い抜くためには、レース後の疲労を残さないことがなにより重要だ。特に、何日間も競技が続くステージレースでは、「その日の疲労を次の日に残さないこと」が勝負を大きく左右する。グランツールを戦うプロツアーチームやプロコンチネンタルチームは、複数のマッサーを用意し、選手たちのケアにあたっている。

 片山右京率いるTeamUKYOで、この仕事を担当しているのが、森川健一郎だ。

 森川がTeamUKYOに加わったのは、昨年9月。当初は、「主にUCIレースで選手たちのケアを担当する」ということで加わったが、年間シリーズ戦のJプロツアーにも帯同しており、TeamUKYOが参戦するほぼすべてのレースで、森川は選手たちのフィジカルコンディションをケアしている。また、マッサージだけではなく、長時間のレース中に選手が摂取する補給食の準備や、合宿所でのレース準備、さらにクルマの運転なども行なうため、実際のところはチームの裏方仕事を幅広く引き受けていることになる。

 現在45歳の森川がこの職業を目指したのは、すでに社会人として仕事をしていた26歳のころだった。

「自動車関連機器の専門商社に勤めていたんですが、ご多分に漏れず自転車好きで、あるとき自転車雑誌を読んでいたら、欧州にはどうやら、『ソワニョール(Soigneur/フランス語で「セラピスト」の意味)』という仕事があるらしい、と知ったんですよ。マッサージもするし、食事も作るし、クルマの運転もするという、選手のお世話全般。そういう仕事って面白そうだなあ......と思って、脱サラして、本格的に学校に通い、柔道整復師のマッサージ技術や治療技術の勉強をしながら、この世界に時間をかけて入ってきたという格好ですね」

 趣味で自転車に乗ることはあっても、当時の森川は、特に自転車レース業界とつながりがあったわけではない。専門学校を卒業するころにネット上で検索して、自転車競技の統括団体や実業団チームのウェブサイトを探し、マッサージャーの仕事を打診するためにメールを送信した。

 当然のように、その大半はなしのつぶてだったが、自転車製造業・宮田工業(現・モリタ宮田工業)の『お問い合わせフォーム』に送信したメールから返信が届いた。

 返信者は、同社の自転車競技部「ミヤタ・スバル・レーシングチーム」の監督をしていた栗村修氏(現・宇都宮ブリッツェン・テクニカルアドバイザー。テレビ解説や雑誌、ウェブサイトなど多方面で活躍中)。だが、その文面は、「機会があれば、こちらのほうから声をかけさせていただきます」という、体(てい)のいい門前払いだったという。

 森川も、「そんなにうまく話がまとまるはずはない」と納得し、整骨院に勤めながら気長に自転車界とつながりのある仕事を探そうと思っていた。しかしその矢先、栗村から再びメールが届いた。

「『憶えていますか?』というようなメールで、『今度、ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)でマッサージャーが必要なのですが、もし可能であればお手伝いをしていただければ助かります』という、非常にていねいな文面の連絡でした」

 その年――2004年は、毎年6月に行なわれる全日本選手権が4月開催の予定になっていた。その後、実業団レースの群馬サイクルスポーツセンターを経て、5月にTOJという流れになっていたという。

「なので、栗村さんに、『まず全日本を見学させていただき、群馬サイクルスポーツセンターもレンタカーを借りて自腹で観戦に行くので、そこで選手の方々と面識を作り、本番に備えたいと思います。よろしくお願いします』と返信し、OKをいただきました」

 選手のマッサージ担当として初めて『参戦』したレースが、国内屈指の格式を持つTOJだったという事実に、森川は「知らないって怖いですよね」と苦笑する。

「栗村さんたちにしてみれば、『可もなく不可もなく』という手応えだったのかもしれませんが、我がことながら、素人のくせによく最後までやったなあ......と思いますよ」

 幸運だったのは、その『素人』に対して、世話好きのレース界のプロフェッショナルたちがあっさりと胸襟(きょうきん)を開いてくれたことだ。栗村氏は、自分自身がまだ知り合って間もない森川を、当時チームNIPPOの監督を務めていた大門宏氏に紹介した。

「忘れもしませんよ。伊豆の修善寺で行なわれた全日本選手権で、栗村さんがいきなり、『ちょっと、大門さーん』って呼びかけて、『この人ね、森川さんっていって、これからソワニョールをやりたいと言ってるんだけど、もし良かったら見習いか何かでイタリアに連れて行ってやってくれないですか?』って。僕は欧州に行きたいなんて、栗村さんに話をしたことも、頼んだこともないのに......。そしたら大門さんも、『うん、分かった』って、それでおしまい。それで、しばらくしたら大門さんから、『6月にイタリアに行くけど、来る?』っていうメールが来たんですよ。『航空券は自腹になるけど、住むところと食事は用意してあげるから』という内容で、『もちろん、それで充分です......というか、行ってもいいんですか?』というようなかんじで答え、アエロフロート(・ロシア航空)でローマ現地集合(笑)」

 このような経緯で、専門学校を卒業してたった数ヶ月後に、森川はイタリアに拠点を置くチームNIPPOのマッサージ担当者として、キャリアを積み重ねていくことになる――。

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira