鹿児島実業が終了目前の同点弾…PK戦で西武台を破り準々決勝へ

写真拡大

 平成26年度全国高等学校総合体育大会サッカー(男子)の3回戦が4日に行われ、西武台(埼玉1)と鹿児島実業(鹿児島)が対戦した。

 共に前線にストロングポイントを持つチーム同士の対戦は、激しいアタック合戦となった。鹿児島実業は前線の長身FW前田翔吾をターゲットに、質の高いロングボールで攻めると、西武台も1トップの中山歩、右の新行内一輝、左の小宮大知が果敢に裏を狙った。

 試合が動いたのは15分、西武台は新行内が先制ゴールを叩き込んだ。だが、その後が続かず、一進一退の攻防が続いた。後半立ち上がりは西武台がペースを掴むが、鹿児島実業GK谷口周平のファインセーブなどで追加点を奪えない。すると69分、鹿児島実業は途中出場の渡辺大地が同点ゴールを奪い、勝負はPK戦へ。

 PK戦は1人ずつ失敗し、迎えた7人目。先攻・鹿児島実業のDF大南拓磨が決めたのに対し、西武台のDF恩田拓実が枠を外し、勝負あり。9年ぶり出場の鹿児島実業がベスト8進出を決めた。

 鹿児島実業は5日の休養日を挟んで、6日に準々決勝で東福岡(福岡)と対戦する。

(取材・文=安藤隆人)

【スコア】
西武台(埼玉1) 1−1(PK:5−6) 鹿児島実業(鹿児島)

【得点者】
1−0 15分 新行内一輝(西武台)
1−1 69分 渡辺大地(鹿児島実業)