スギちゃん“夢”の映画初出演、「ヴァンガード」でワイルドな演技。

写真拡大

お笑い芸人のスギちゃんが、9月公開の映画「劇場版カードファイト!! ヴァンガード」(配給:松竹)で映画初出演を果たし、“ワイルドな演技”を披露していることがわかった。

本作はアニメ版「ネオンメサイア」と実写版「3つのゲーム」の2本で構成される劇場映画で、スギちゃんが出演するのは実写版パート。ヴァンガードの力を信じる主人公のダイゴ(DAIGO)が姿の見えない爆破犯を追って、ヴァンガード対決を繰り広げていく物語となっており、スギちゃんはダイゴが爆破予告事件の解決に向かった先で出会う水道局員の役で登場する。短いながらもワイルドなインパクトを残す役どころだ。

映画初出演について、スギちゃんは「スクリーンにうつる自分の姿をずっと夢みてた。大画面だと誤魔化しがきかないから、しっかりと演技してるスギちゃんを皆さんにみてほしいぜぇ」とコメント。

また、「作業着が似合いすぎました。監督さんもわたしのことを気に入ってくれてまして、スクリーンに写ってる時間は少ないけどインパクトに残る演出をしてくださいましたね。あと、衣裳の作業着が似合いすぎて。水道局で撮影したんですが、本物の作業員と間違われたんでしょうね……『○○は何処ですか?』って道を尋ねられちゃいました。役にハマりスギちゃん」と撮影時を振り返った。

親交の深いDAIGOとの共演については、「以前から親しくさせてもらってましたけど、一緒にお芝居というのは初めて。どっちがより良い演技ができるか、DAIGOとスギちゃんの熱いせめぎ合いだったぜぇ」とお互いの演技をアピールした。

「劇場版カードファイト!! ヴァンガード」は、9月13日(土)アニメ&実写の2本立てロードショー。