<WGC-ブリヂストン招待 最終日◇3日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>
 「WGC-ブリヂストン招待」は最終日を終了。トータル4アンダーの10位タイから上位を狙ってスタートした松山英樹は5バーディ・3ボギーの“68”とスコアを2つ伸ばしたものの、順位は12位タイに後退して4日間を終えた。
松山英樹、タイガー・ウッズのリアルタイム速報!PGAツアーリーダーボード
 松山は1番、2番と連続バーディを奪う幸先の良い立ち上がり。4番はボギーとしたものの7番パー3でバーディを奪い返すと、ハーフターン直後の10番、11番でも連続バーディを奪って一時は8アンダーまでスコアを伸ばして見せた。しかし、13番で「(セカンドを)上手く打ったつもりが、思いのほか球が浮いて木に当たってしまった」とミスからボギーを叩くと、15番もボギーとし追撃の足がストップ。順位を落としてのフィニッシュとなった。
 それでも、尻上がりに調子を上げて最大7連戦の初戦を終えられたことは、松山にとって大きな意味を持ちそうだ。初日、2日目の出遅れについては「2日目終わった後の練習で、だいぶ良くなったけど、本当なら初日が始まる前にそれを作っておかなければいけない」としっかり反省。「今年はそれが出来ていなかったので良くないプレーが続いていた」と気持ちを引き締めた。
 次なる戦いは「全米プロゴルフ選手権」。「初日からこういうショットが出ればパッティングが悪くてもイケると思います。最近なかったプレーがいくつか出て良かったし、これから続くけど少しでも今週のプレー活かしていきたい」。モンスターコースでつかんだ手ごたえと反省点。しっかり胸に刻んでいよいよ最後のメジャーに挑む。
【最終結果】
優勝:ローリー・マキロイ(-15)
2位:セルヒオ・ガルシア(-13)
3位:マーク・リーシュマン(-12)
4位T:チャール・シュワーツェル(-9)
4位T:パトリック・リード(-9)
4位T:キーガン・ブラッドリー(-9)
4位T:ジャスティン・ローズ(-9)
8位T:グレアム・マクドウェル(-7)
8位T:リッキー・ファウラー(-7)
8位T:ライアン・ムーア(-7)
8位T:アダム・スコット(-7)
12位T:松山英樹(-6)他
68位:丸山大輔(+17)
69位T:竹谷佳孝(+18)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>