今回は、ちょっと堅めのお話です。

今までのコラムを読んで頂いた限りでは、「なんだ、海外通販なんてたいしたことないじゃん!じゃんじゃん個人輸入しちゃおう!」と思われた方も多いかと思います。

…しかし、それは半分は正解で、半分は間違っています。

やはり、国内通販に比べれば、海外通販はそれなりのトラブルやリスクが付きものです。ある程度の覚悟はやっぱり必要だよ、という筆者の実体験を今回はお話したいと思います。

■発注をキャンセルした商品が既に出荷されてしまった!さあどうする!

・・・ある日、とある米国のメーカーの直販サイトで、面白いガジェットを見つけた私は、あまり深く考える事もなく、さっさとポチってしまいました。

その後すぐに、「やっぱりこの商品必要ないよね」と思い直し、メーカーにキャンセルのメールを入れたところ、「カートから先は、販売会社のサイトなので、販売会社に連絡して下さい」との返事が来ました。

確かに、カートをクリックして決済のページになると、別の会社の決済ページに飛ぶ作りになっています。

そこで、販売会社に「メーカーにキャンセルの連絡をしたら、こちらの会社に連絡する様に言われたので、発注番号XXXXXXXXの商品の発注をキャンセルして下さい」とメールをしました。

すると、販売会社から思いも寄らぬ返事が返ってきました。

「商品は既に発送してしまいました。貴方が自分で配送業者に配送をストップさせる連絡を入れて、商品が当社に返送して戻ってきたら、配送料を差し引いた代金を返金します」

・・・自分の所で発送した荷物なんだから、そっちから配送ストップの連絡入れてくれよ、日本の会社だったらそんな野暮な事言わないぞ、と言いたくなりましたが、何しろ英語が出来ませんので、仕方なく配送業者に配送ストップの連絡をしよう、と思ったら…

「配送業者の連絡先のメールアドレスが分からない」。

…これには参りました。配送業者のサイトを隅から隅まで見ても見つからない。電話番号は書いてありますが、当然英語を喋る事なんて出来ませんから、電話を掛ける事も出来ない。どんづまりです。

●英語さえ出来ればこんなに困る事は無かったのに・・・

おそらく、配送業者のホームページに記載のある代表問い合わせ電話番号にかけて、英語で二言三言「配送止めてね」と連絡すれば、それでお仕舞いになる話なのですが、全てをgoogle翻訳によるメールで済まそうとすると、こういう事も起こりうる訳です。

さて、冷静になって考えると、配送業者は世界中にネットワークを持つ世界企業。日本支社もあります。

「そうだ!日本支社なら日本語が出来るから、この問題も なんとかしてくれるかもしれない!」・・・光が見えてきました。

早速、配送業者の日本支社に電話して見ました。

「配送番号YYYYYYYYの荷物は、発注キャンセルにつき、発送元に返送したいのですが」

すると、配送業者の日本支社の回答は「配送番号YYYYYYYYの荷物は、米国→米国の荷物の様ですね。米国→日本へ直送の荷物でしたら、このお電話で配送キャンセルを承って発送元に返送は可能ですが、米国から米国への荷物については、やはり米国本社の電話に直接お電話して頂く決まりとなっております」と、つれない返事。

実は今回の荷物は、件の転送業者を利用して日本に配送する手配をしていたのです。

「・・・だってこちらは英語が喋れないから、あえて日本支社にお願いしているんですよ。そちらから米国本社に連絡を入れてもらう事は出来ないんですか?」と、こちらも食い下がります。

「そういう決まりですから」・・・相手は泣く子も黙る世界企業。これ以上押しても無理と判断し、諦めました。