■最近、やたらガジェットを買いまくってる「FURU」って何者?

…出腹系、もとい自腹系自爆ライターのFURUです。

実生活では所謂一つのサラリーマンですが、実は1988年から電波新聞社刊『ラジオの製作』(現在休刊)で電子工作HOWTO漫画を執筆以来、現在は2000年より工学社刊『I/O』で、細々と電脳ネタ系4コマ漫画を描かせて頂いている、キャリアだけは無駄に長いポンチ絵描き屋でもあります。その頃から、無駄遣いには年季が入っております。

自腹系ガジェット購入記事執筆の資金調達の為、出来ればマンガ方面で小遣い稼ぎをさせて下さいませ〜(T_T;)お金が足りません〜

…さて、ろくでもない 自称ポンチ絵描き屋のくせに、FURUは絵が下手で不器用なので、漫画を描く際に必須の道具、

Gペンなるものをうまく使いこなす事が出来ません。もっぱら、サクラクレパスのPIGMAというペンを愛用しております。ただ、このペンで描くと、ペンタッチの強弱を付けにくいのが難点です。

また、4コマ漫画の枠線を引くのも面倒(そんなに何もかもするのが面倒なんだったら漫画家辞めろよ!と言われそうですね)なので、4コマの枠線入りの漫画原稿用紙を愛用しているのですが。

悲しいかな、地方都市に住んでいる性か、これらペンや原稿用紙等を入手するに当たり、「近くに漫画用の画材を売っているお店がなかなか無い」んですよね。困ったもんだ。これ結構重要です。

・・・昨今、多くの漫画家さんがデジタル化に移行して、かっちょいい絵をガンガン描いて捗っているのを見て、『面倒くさがり屋の割には新しい物好き』という錯綜した性癖を持つ私は「画材も手に入りにくいし、いつかは自分の漫画もフルデジタル化したい。そうしたら多分もうちょっと、ペンタッチの強弱を生かした、かっちょいい絵が描けるに違いない」という密かな野望を持つ様になっていました。

普段はこんなヘロヘロな線の絵しか描けませんが…。

新規キャンバス

デジタル化したら簡単にこれくらい ちょちょいのちょいと描ける様になるとか。(大して変わらないって?失礼しますた。)

img003_4_lb

・・・で、ま、そんな中、たまたま、本業の仕事の方でも絵を描く機会を得ました。

最終的にはpdf化やweb上に画像を掲示する用途の絵となる為、

「だったら最初からデジタルで描けばいいじゃん!」

「仕事なんだから仕方ない!さあ!(自宅へ仕事持ち帰り用に)機材一式買うぞぅー!」

と、自分で勝手に先走って、漫画執筆のフルデジタル化に一気に360度舵を切る事にしました。勿論自腹で。

●何はともあれ、まずは好い道具を「買う」事から始めよう

それまでは、自宅用のPCは、SONYの24インチ液晶一体型VAIOをしばらく使っていたのですが、その時のスペックはCPUがCore 2 Duo でメモリが4GBのVistaマシンという、今ではショボめのPCでした。

流石にお絵かき用としては、スペックが足らないのではないかと思い、「仕事に必要なんだよ!PC買い換えないと会社首になる(うそ)かもしれないんだよ!WAO!!」と、奥さんを騙くらかして、新しいPCを買う事にしました。古いPCはヤフオクで3万円程度で売っぱらいました。

どうせ買うなら、あまりロースペックなマシンへ買い替えても意味がありません。あと20年若ければ、マシンごと自作して資金を節約しても良かったんですが、最近はPCとモニタをケーブルで繋ぐのも面倒なので(どんだけー!)、

「ハイスペックな高解像度の一体型PC。買ったら5年は持たせる」

という方針を決めました。そこで白羽の矢が立ったのが

DELL XPS27。

desktop-xps-27-2720-mag-965-mixed-set-video

スペックは 27インチ/2560×1440ドット/Core i7-4770s /メモリ 16GB /2TB SATA SSHD。

値段は…24万円!!んぎゃー!

…仕事の為です!(但し会社は自宅PCを買い換えろなんて一言も言っていません!!)清水の舞台から滑落してポチりました。

次にマンガ作成用ソフトです。

ネットで色々調べてみると、今は『CLIP STUDIO PAINT』もしくは『COMIC STUDIO』というソフトを使っている人が多い様です。

描き方参考書等も色々出版されている様なので、今回、『CLIP STUDIO PAINT』を使う事にしました。

http://www.clipstudio.net/

cぃpャ

PCにお金を使い果たして余力が無いので、月額500円のバリュー版コースにしました。

不要になったらいつでもソフトの使用を止める事が出来るのがいいですね。多分止めないとは思いますが。

さあ、肝心の描画方法をどうするか。・・・やっぱりイラストを描くのであれば、タブレットですよね。

休みの日にハードオフで(近くに画材屋は無いけどハードオフは有るのだ)、WACOMのFAVOをジャンク扱いで3,000円で売っていたのを見つけたので、早速買って使ってみました。

316W1FGFW6L._SL500_AA300_

・・・分かってはいた事ですが、このタイプのタブレットは「描きづらい」。

慣れれば大丈夫なんでしょうけど、私にはちょっと無理っぽい。慣れるまでに投げ出しそう。

・・・やっぱり「液晶タブレット」しかないでしょう!!

もう新品を買う力は残っていないので、ヤフオクで液晶タブレットを探しました。

そして、WACOM Cintiq 12WX(12.1型液晶タブレット)をヤフオクで約4万円で落札。

detail_dtz1200w_1

液晶タブレットで絵を描き始める事にしました。

購入直後に、出先でも絵を描きたくなりました。

そうなりますと、ワコムの液晶タブレット機能付きノートPCが欲しくなりますね。そんな都合の良い機種があるのでしょうか。

・・・ありました。

Surface Pro 2。

ba85b73f-f13b-47e0-928f-f0200b5ee1e3

 ほ・・・欲しい・・・

さあ、次回、買うや?買わざるや?

・・・続く。

※本記事の執筆に当たっては、商品は個人で自腹で購入後、(株)セルシス様から執筆の承諾を頂いております。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?