左が「樽熟成」、右が「シュール・リー」

写真拡大

キッコーマンは2014年8月4日から、山梨県産葡萄を100%使用し、製法にもこだわった"日本ワイン"「マンズ マスカット・ベーリーA 樽熟成」「マンズ 甲州 シュール・リー」を全国で発売する。

高品質葡萄を厳選

山梨県内でも高品質の葡萄がとれる地域を厳選し、そこで収穫された「マスカット・ベーリーA種」および「甲州種」を100%使用して作られている。

「マンズ マスカット・ベーリーA 樽熟成」は、さまざまな料理と合わせやすいすっきりとした味わいで、樽で熟成させたことによる香りの複雑さが感じられる赤ワイン。

「マンズ 甲州 シュール・リー」は、和食に合う繊細な味わいで、ほのかな柑橘系の香りとシュール・リー製法によるうまみと複雑さが感じられる白ワイン。

価格はいずれもオープン。