vietnam

写真拡大 (全10枚)

東南アジア特有の活気とフランス統治時代の情緒や文化が混在するベトナムは、人気のディスティネーション。ここ数年はリゾートエリアのホテルも充実。ますます魅力を増しつつあるベトナムを優雅に、アクティブに楽しもう。

第一弾でお届けするのは、ホーチミン。エネルギッシュで、どこか懐かしくて、おいしくて、おしゃれ。ベトナムという国を説明するのに、幾度となく使われてきた言葉だが、まさにホーチミンはそんな使い古された、シンプルな言葉をそのまま形にしたような街だ。フランス統治時代の雰囲気を残すコロニアルな歴史的建造物と、バイクの排気ガスや野菜や果物を担いで売り歩いている女性たち、フォーやフルーツの屋台などのアジアの喧騒が混在し、独特な世界観を作りあげている。

写真上:地元デザイナーのショップに一流ブランド。夜にはアクセサリーやサンダルを売る屋台もオープンし、ショッピングには事欠かない。

1954年までフランス統治下にあったベトナムの中でも、「東洋のプチ・パリ」と呼ばれていたホーチミンには洒脱な建物が多く、フランスのエッセンスが加味された雑貨、ファッション、料理を街の至るところで目にすることができる。手先が器用なベトナム人の手仕事とフランスの洗練されたデザインがミックスした、ベトナムの雑貨やファッションは、華やかな色づかいのものが多く、乙女心を刺激。数年前に日本でも大々的に紹介され、一大ブームとなった。

豊富な食文化も見逃せない。ホーチミンの味付けは甘く、濃い傾向があり、またベトナム全土で食べることができる米麺・フォーもホーチミンのそれはたっぷりと香草が入っているのが特徴だ。ベトナムの複数の都市を訪れるなら、各地の味を比べてみるのも楽しい。また、最近はフランス統治下時代の建物をリノベーションした、スタイリッシュなレストランも急増中。外国人観光客やおしゃれに敏感なベトナム人を中心に人気を集めている。

写真右上:静かな路地に佇む、コロニアル調の一軒家レストランなど、最近急増中のシックな雰囲気のレストランはベトナムの若い女性たちの間でも人気。 写真下左:意外にも(?)ベトナム人は生春巻きより揚げ春巻きを食べる機会が多いそう。 写真下右:ショッピングの選択肢は豊富。最近は若手のベトナム人女性がデザインを手がけるハイセンスな店も増えている。

ホーチミンはショッピングも楽しい街だ。一流ブランドが軒を連ねる、ホーチミン随一の繁華街「ドンコイ通り」、国営百貨店やサイゴンセンターなどのほか、ハイセンスなショップが並ぶ「レロイ通り」「パスター通り」界隈はぜひともチェックしたい。大型ファッションビル「ビンコムセンター」は、最新のモードファッションに出合えるショッピングビルだ。リーズナブルなミニホテルやメコン川観光やカンボジアツアーなどを格安で販売する旅行会社が並ぶ「デタム・ファングーラオ通り」周辺は、日中から明け方まで、欧米人を中心とした外国人観光客がビールを片手に盛り上がっている。シクロをチャーターして、バイクの波や鳴りやまないクラクションの中に飛び込んでいくのも一興(ただし、シクロの値段交渉は慎重に!)。過ごし方のバリエーションの多彩さはこの街の大きな魅力だ。日々進化し続けるホーチミンは、次に訪れた時にはまったく別の表情を見せてくれるはず。ホーチミンはいつだって新しく、エキサイティングだ。

(text Aya Hasegawa)



ホーチミンをとことん楽しみたい! でも熱気あふれるベトナムを旅するならリゾート気分も存分に味あわなくちゃ!というちょっぴり欲張りなトラベラーにお勧めなのが、2014年にグランド オープンした5つ星ホテル「プルマン サイゴン センター」だ。ローカルと観光客が行き交う「ベンタイン市場」には徒歩約15分、「ドンコイ通り」には車で約10分。ホーチミンきっての夜遊びスポット(?)「デタム通り」までは徒歩5分と絶好の立地。スタイリッシュな客室は全室にプルマン仕様のベッドを備えるなど、機能面も重視。遊び疲れた体をゆるゆると癒してくれる。タイ生まれのナチュラルスキンケアブランド「タン サンクチュアリー」によるスパのクオリティが高い。

INFO:
Pullman Saigon Centre(プルマン サイゴン センター)
148 Tran Hung Dao St. Dist 1, Ho Chi Minh,Vietnam
Tel:+84-8-39141489 料金: VND2,131,424〜

www.accorhotels.co.jp 



東京、中部、関西、福岡から、ハノイ、ホーチミンに直行便を運航。2014年7月からは、羽田─ハノイ便(週7便)、成田─ダナン便(週4便)の運航もスタートした。羽田便を除く往路は日本が午前発、昼過ぎにはベトナムに到着。復路は現地を深夜発、日本には朝の到着となり、週末を使ったウイークエンドトラベルの心強い味方になってくれる。ベトナム国内線は20都市をカバーしており、ベトナム国内を移動する際にも便利。アオザイに身を包んだスタッフたちによる接客は飛行機に乗った瞬間から、ベトナム気分を味あわせてくれると好評!

INFO:
ベトナム航空 



ベトナム特集〜プチ・パリの気品とレトロな趣が薫る Wonderland!
>>ベトナムの魅力をぎゅっと凝縮した、ホーチミンはいつだって「新しい」!
>>世界が注目する気鋭のリゾート地・ダナン、どこか懐かしい世界都市の街・ホイアン
>>湖と緑に囲まれたベトナムの政治・文化の中心地、ハノイ