トップ10圏内に浮上した松山英樹 さらなる上位進出はなるか (Photo by Gregory ShamusGetty Images)

写真拡大

<WGC-ブリヂストン招待 3日目◇2日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>
 「WGC-ブリヂストン招待」の3日目。この日は途中中断を挟みながらも競技を消化し、トータル14アンダーまでスコアを伸ばしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が単独首位をキープした。3打差の2位で追走するのが全英オープン覇者のローリー・マキロイ(北アイルランド)、トータル9アンダーの3位にマーク・リーシュマン(オーストラリア)がつけている。
松山英樹、タイガー・ウッズのリアルタイム速報!PGAリーダーボード
 36位タイからスタートした松山英樹はこの日1イーグル・5バーディ・2ボギーの“65”で5つスコアを伸ばすチャージを見せてトータル4アンダーの10位タイに急浮上。ディフェンディングチャンピオンのタイガー・ウッズ(米国)はトータル1オーバーの36位タイに後退した。
 その他の日本勢は丸山大輔がトータル9オーバーの66位タイ、竹谷佳孝はトータル13オーバーの71位タイとなっている。
【3日目の順位】
1位:セルヒオ・ガルシア(-14)
2位:ローリー・マキロイ(-11)
3位:マーク・リーシュマン(-9)
4位T:アダム・スコット(-8)
4位T:キーガン・ブラッドリー(-8)
4位T:ジャスティン・ローズ(-8)
7位:ブラント・スネデカー(-6)
8位T:J・B・ホームズ(-5)
8位T:ヘンリック・ステンソン(-5)
10位T:松山英樹(-4)他
36位T:タイガー・ウッズ(+1)他
66位T:丸山大輔(+9)他
71位T:竹谷佳孝(+13)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>