WHO局長 エボラに「強い危機感」

ざっくり言うと

  • 西アフリカで2月に発生したエボラ出血熱の流行に、歯止めがかからない
  • 感染の疑いがある患者数は1300人を超え、うち死者は729人に達した
  • WHO事務局長は、予想を超える速度で感染が広がっていると危機感を表明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング