松山、順位は落としたがプレーには手ごたえ!(Photo by Sam GreenwoodGetty Images)

写真拡大

<WGC-ブリヂストン招待 2日目◇1日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>
 オハイオ州にあるファイアストーンCCで開催中の世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」2日目。イーブンパー28位タイから出た松山英樹はこの日5バーディ・2ボギー・2ダブルボギーの“71”と出入りの激しいラウンドに。スコアを1つ落とし36位タイに後退した。
圧巻のハーフ“27”!S・ガルシアが単独首位に!
 昨日は「ドライバー以外がいい感じで打てている」と話していたが、この日は「ドライバーは今日は良かったですし、だいぶ良くなってきた」と復調の手ごたえを得た。
 しかし、「試合になって打つと、スコア出したいとかいいショット打ちたいとか欲出てきて思い切ったバックスイングできない。それが何も考えなくてもバックスイングできるようになればいいのかなと思ってる」とまだ満足のいくショットは少ないのが現状だ。
 パットに関しては「悪くはないと思っている。でも、うまく入らないんでね。波に乗れないですね」とあと一歩といったところ。この日は2つのダボがあったが、なんとか大崩はせずにすんだ。「少しずつは良くなってきてると思います」、試合の中で徐々に調子を上げてきてる松山。この日はスコアを落としてしまったが、残り2日間でチャージをかけることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報&試打レポートをチェック!
美人ゴルファーが続々登場!「美ゴ女」
オリンピックの競技方法は72ホール個人戦が本当にいいの?