ジェームズ・キャメロンの「深海への挑戦」、3D映画化(予告動画)

写真拡大

ジェームズ・キャメロン監督が、自ら設計した一人乗りの潜水艇に乗って「世界最深」のマリアナ海溝を目指した。記録映画のトレーラーと制作動画を紹介。

アバター』などで有名なジェームズ・キャメロン監督の次の映画は、とても深い作品だ。言うなれば、11kmほどの深さがある。

「ジェームズ・キャメロンの「深海への挑戦」、3D映画化(予告動画)」の写真・リンク付きの記事はこちら

これは、キャメロン監督の探求の旅を記録した90分のドキュメンタリー映画だ。同氏は、自ら設計した潜水艇に乗って、マリアナ海溝を探索したのだ(最深部はチャレンジャー海淵(Challenger Deep)と呼ばれ、最新の計測では水面下10,911m。地球上で最も深い海淵とされる)。

当初、キャメロン氏はひとりで探索を行う予定だった。だが、この旅を『Deepsea Challenge 3D』(ディープシー・チャレンジ3D)という映画にするため、チームを編成することが必要になった。

上の動画は米WIREDの独占映像で、初のテスト潜行を前にチームを鼓舞するキャメロン氏の様子が映っている(2012年1月撮影)。

「みなさんがいまここにいるのは、それぞれの役割に熟達しているからだ。みなさんはこのプロジェクトで自らの実力を示してきた。これから出かけて行って、とてつもないことをやろうじゃないか」

キャメロン氏の言うとおり、文末のトレーラー動画を見れば、同氏の海底の旅がいかにとてつもないことなのかがわかるだろう(同監督は当時57歳。3,000時間以上の水中滞在記録を持つスキューバダイヴァーでもあり、世界各地で難破船探索や深海調査等を行ってきた。2012年3月26日には、マリアナ海溝のチャレンジャー海淵に一人乗りの潜水艇「ディープシーチャレンジャー」に搭乗して潜行、世界最深の海に52年ぶり2回目となる有人潜行/単独では初を果たした)。

同作品はジョン・ブルーノ、レイ・キント、アンドリュー・ワイトの3名が監督を務め、米国で8月8日から公開される。

TAG

ChallengeDeepSeaJamesCameronMarianaTrenchMovieVideo