「天才バカボン」衝撃の映画化、ネロとパトラッシュが大変なことに。

写真拡大

2008年8月2日に亡くなった漫画家・赤塚不二夫さんの生誕80周年を記念して、2015年、国民的名作ギャグマンガ「天才バカボン」の初の長編アニメ映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」製作が決定した。

物語は日本中に感動を呼んだあのフランダースの犬のラストシーンから始まる。……がしかし……ネロとパトラッシュが天使の手を振りほどき、悪の手先となって現代に復活。いままで自分を虐げてきた人間への復讐の鬼と化し、悪事を繰り返す。しかし、そこに現れたのは、あのバカボン一家。変わらない馬鹿さを武器に戦いに挑む。

本作は、ネロとパトラッシュの原作では決して見られない恐ろしい姿、そして変わらないバカボン一家の馬鹿さ加減、バカボンのあの名物キャラクターも多数登場し、そして感動? のラストには“あの人”までも登場と、超豪華な顔ぶれの作品だ。

絶対に一緒になるはずのない二組を引き合わせたのは、「鷹の爪」など数々のヒット作品を生み出しているFROGMAN。今作を通してバカボン一家の姿から、思いやりの大切さ、人間としての本当の“賢さ”とは何か、そしておなじみの「これでいいのだ!」のフレーズで現代社会を痛烈に皮肉りながら、子どもから大人まで楽しめる現代版「バカボン」を描いていく。

映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」は2015年春休みに公開。