写真提供:マイナビニュース

写真拡大

海洋堂 が主催する国内最大のフィギュア・ガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2014[夏]」が7月27日、千葉県・幕張メッセで開催された。

コトブキヤブースでは、コトブキヤのプラモデル発売10周年を記念し、これまでリリースしてきたシリーズキットを対象としたコンテスト「KOTO-CON」入賞作品の発表のほか、「キューポッシュとらいみー誌遊会」を開催。キューポッシュは、2、3頭身のデフォルメキャラクターによるポケットサイズの新しい可動フィギュアシリーズで、『魔法少女まどか☆マギカ』や『アイドルマスター』などの人気キャラクターを立体化し、同社の人気シリーズとなっている。今回は「スクール水着(白)」「浴衣」「体操服」といった夏らしい交換ボディが多数展示されていた。また、おそらく可動フィギュアになると思われるエレンの巨人を立体化した『進撃の巨人「エレン・イェーガー」』も注目を集めていた。

では、美少女からアメコミヒーロー、リアルロボットまで幅広いジャンルの展示がされていたコトブキヤブースの新作フィギュアの数々を紹介していく。

(トランジスタ)