『コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品』(大和書房)

写真拡大

 上海の食品会社が使用期限切れの鶏肉を使っていたことから発覚した中国産食材問題は、中国産食品の危険性を改めて浮き彫りにした。国内でも、輸入して「ナゲット」として販売していた日本のマクドナルドやコンビニエンスストアへの影響も大きい。コンビニエンスストアのファミリーマートは今後の中国産食材の調達について「日本企業の資本が入っているような、厳格な品質管理体制が行き届いた取引先に変更することを検討していく」(広報・IR部)と厳選する方向で見直しを進めるという。
 
 が、それでも決して安心してはいけないのがコンビニだ。コンビニに並ぶ食品の多くは中国産であるとないとにかかわらず、ヤバい商品が多いのだ。

「店に入ると、カップラーメンが山のように積まれ、プラスチックの容器に入った添加物タップリのお弁当やパスタ、おにぎり、サンドイッチ、菓子パン、ケーキ、ポテトチップスと、まさしくジャンクフードのオンパレードという感があります。これらはいずれも、『買ってはいけない』といいたくなるものばかりです」というのは、『コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品』(渡辺雄二/大和書房)。

『新・買ってはいけない』(金曜日)シリーズを刊行してきた科学ジャーナリストの渡辺氏は、コンビニにひそむ食の危険性を指摘する。

 まずは、簡単に食べられるおにぎりや手巻き寿司だが、「ご飯が製造機械に付着するのを防ぎ、また保湿や保存のために植物油(ナタネ油やコーン油など)」が混ぜられている上に、多くのおにぎりに防腐効果のある添加物「pH調整剤」が保存料の代わりに使われている。

「pH調整剤は、酢酸やクエン酸などの酸がほとんどです。お酢でもわかるように、酸には殺菌効果があります。そのため、保存性を高めることができるのですが、酸のなかには、口や胃の粘膜を刺激するものがあります」(同書より)

「明太子」「焼たらこ」おにぎりには、赤みを強調するために発色剤の亜硝酸Naが添加されているが、「亜硝酸Naは、魚卵や肉に多くふくまれるアミンという物質と化学反応をおこして、ニトロソアミンという発がん性物質に変化します」。なお、亜硝酸Naはウィンナーソーセージやハム、ベーコンにも含まれていることも多い。

 手巻き寿司「ねぎとろ」には、ピンク色を強調するために天然系のコチニール色素やクチナシ色素が使われている。天然系とはいえ、元は昆虫だ。

「コチニール色素は南米に生息するカイガラムシ科のエンジ虫という昆虫を乾燥させて、お湯または温めたエチルアルコールで抽出したものです(中略)コチニール色素を3%混ぜたえさをラット(実験用白ネズミ)に13週間食べさせた実験では、コレステロールや中性脂肪がふえました。つまり、動脈硬化になりやすくなったということです。また、クチナシ色素は、青、赤、黄の3種類ありますが、クチナシ黄色素の場合、ラットに大量に口から与えた実験では、下痢をおこし、肝臓が出血して、それにともなう肝細胞の変性と壊死が見られました。クチナシ黄色素にふくまれるゲニポシドという物質が腸の中で変化して、こうした害を起こしたと考えられています」(同書より)

 コンビニ弁当の揚げ物も体への影響がある。

「『油は酸化していないの?』と不安を感じる人もいるはず。そうなのです。高温で揚げてあるので、油が酸化した、有害な過酸化物質ができている可能性があるのです。そのため、人によってはお腹をこわすことがあります。精肉店や天ぷら店で、コロッケや天ぷらを揚げているのを見たことがあるでしょうか。たいていは油が黒くなっています。何度も揚げるのを繰り返しているので、油が酸化して、あのような色になってしまうのです。コンビニ弁当を作っている工場でも、おそらく似たような状況だと思います」(同書より)
「動物実験では、過酸化脂質は成長に悪影響をもたらし、多量に与えると死んでしまうことが確認されています」(同書より)

 ついつい、ついで買いをしてしまう店頭のフライドチキン、唐揚げ、コロッケ、アメリカンドッグなどのホットスナック類は、よりヤバい。

「コンビニでは、ふつうカウンター内に四角い金属製のフライヤーを設置し、コロッケやフライドチキンを揚げています。厚生労働省の衛生規範では、揚げ油の酸価値(油の劣化や変質を示す尺度)が2.5を超えた場合、新しい油に取り換えることになっています。酸価値が3.0以上になると、異臭がして、食べた場合に嘔吐や下痢をもよおすことがあるとされています」(同書より)

 各コンビニでも、「この衛生規範を守っている」「独自に管理基準を設けている」など対応はまちまち。しかし、実際に店頭で調理するのはアルバイトたちなのだから衛生規範の知識はかなり疑わしい。

 いまやコンビニはホットスナック類を商品展開の全面に押し出しているが、その理由は、今回の事件で、ファミリーマートが「ガーリックナゲット」や「ポップコーンチキン」を中国から輸入していたことからもわかるように、安く仕入れることが出来る上に、学生アルバイト接客の片手間に調理させるだけで、一定の利益が見込めるからだ。

「安くあげようと思えばとことん安くできるのが、揚げ物メニュー」というのは、『じつは怖い外食〜サラリーマンランチ・ファミリー外食に潜む25の危険〜』(南清貴/ワニブックス)。この本は飲食店の経営経験もあるフードプロデューサーが業界の裏側を明らかにしたもので、「揚げ油を安く済まそうと思えば使い古しの格安の油を買うこともできるし、油を換える回数を減らせば、その分コストは下がる。ひどいケースではショートニングを足すこともある」という。

 ショートニングとは人間の消化酵素では消化できない、工業的に作られた「トランス脂肪酸」を大量に含んだ人体に有害な油脂のことだ。欧米では規制が進んでいるが、食品業界の力が強い日本では消費者庁が「欧米に比べて摂取量が少ないために規制はしない」と、いまだ使い放題の状態なのだ。

 こうしたコンビニの弁当を食べすぎるとどうなるか。なんと養豚業者が「コンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キログラムずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいた」のだという。これは西日本のブロック紙「西日本新聞」が数年前に報道したものだが、南氏が大分県の養豚業者を訪れた際に、同様の話を聞いたというのだ。

「詳しく聞いてみると、その養豚業者の方は、近所のコンビニから食品残渣をもらい受け、それを飼料にしていたそうである。すると数か月後、豚の出産に異常が出はじめた。まず死産が圧倒的に増え、生まれた子豚に奇形が目立つようになった。頭が2つあるもの、しっぽが3本あるものなどが生まれ、気味が悪くなったその養豚業者は、コンビニから残渣をもらい受けることをやめた。数か月たつと、その異常事態はなくなり、その後、奇形は生まれなくなったという。しかし、そのときに起こったことのショックから完全に立ち直ることができず、この方は養豚業から手を引いてしまった」というのだ。

 南氏はさらに人間への影響も懸念する。

「日本における奇形児出産頻度は、1999年度の調査では1.48%だったのが、2006年に1.80%に、そして、2010年には2.31%にまで上昇している(日本産婦人科医会先天異常モニタリングより)。豚の奇形や死産の件、そして人間の奇形児出産頻度が上がっている原因を、すべて食べものだけのせいにはしたくないが、原因のひとつ、それも決して小さくはないひとつだとはいえるだろう」と警鐘をならす。

 コンビニは便利なもの。そのためにコンビニ側は製造や保存を容易にし、製造コストを低くして、儲けをたくさん出す仕組みを作り出そうとする。しかし、その便利さは安全性と引き換えにしているのかもしれない。
(河内保雅)