日本代表の6選手!左から岡山、松原、勝、小西、小木曽、小浦(撮影:ALBA)

写真拡大

 2年に1回開催されるIGF(国際ゴルフ連盟)主催の「世界アマチュアゴルフチーム選手権」。今年の9月に行われる大会は52年ぶりに日本が舞台となる。
杉山愛が「Gボイス」に登場!
 女子は9月3日から、男子は9月10日から行われる。会場は長野県にある軽井沢72ゴルフ東・入山コースと押立コース。この2コースを使用し各コース2日間の4日間、計72ホールで争われ、男子は72チーム、女子50チームが参戦。1チーム3名でその中の2名のベストスコアをその日のチームスコアとし、合計スコアで勝負を競う。
 これまで男子は丸山茂樹、片山晋呉、池田勇太、松山英樹ら、女子では宮里藍、宮里美香、森田理香子らが日本代表として出場してきた大舞台だ。
 1日(金)に記者会見が行われ、日本代表男女3名の選手が発表された。女子は最年少ツアー優勝記録を持つ勝みなみ(鹿児島高校1年)、松原由美(大阪学院大学高校1年)、岡山絵理(大阪商業大学高校3年)、男子は小西健太(東北福祉大学2年)、小木曽喬(福井工業大学付属福井高校3年)、小浦和也(専修大学4年)が選出された。
 ホスト開催とあって日本勢には上位を狙って欲しいところ。勝は「日に日にプレッシャーが強くなってくると思うけど、それに負けないよう頑張ります」と意気込みを話した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報&試打レポートをチェック!
毎週更新!女子プロの特選フォトが満載「写真館」
米国男子ツアーのリーダーボード