女子高生の応募で実現した宮崎初のニコニコ町会議が開催!宮崎各地から集まったファンが楽しみ尽くした

写真拡大 (全4枚)

2014年7月27日、ニコニコ町会議 in 宮崎県 西都市 妻町『西都夏まつり』が開催された。会場には九州各地からニコニコ動画ファンが集まった。

ニコニコ町会議とは、各地の夏祭りと連携したニコニコ動画の公式のイベントだ。2014年度は全国10カ所の開催が予定されている。今回は、1回目の長野に続き、2回目となる。

ニコニコ町会議の特設会場は、西都市の市街地にあるパオ駐車場に設けられた。当日の多会場に集まった人からは、「宮崎初のニコニコのイベント」、「地方ではこんないイベントに参加できるチャンスは少ない」という声が多く聞かれるなど、全国各地でのリアルイベントの反響は予想以上の大きいようだ。

参加者の中にはアニメキャラクターなどに扮した地元コスプレイヤーが記念撮影をする光景もみられた。

ここからは、各催しを紹介しよう。
ニコニコ町会議のメインステージでは、「町歌ってみた」、「大人数遊び」などのショーが公開され、実況中継もネット配信された。
「町歌ってみた」とは、抽選で選ばれた来場者がステージに立って歌うというものだ。「町踊ってみた」は、課題曲となるemon(Tes.)さんの「Shake it!」、40mPさん feat. シャノさんの「夏恋花火」を45分ずつレッスン後に、参加者全員で踊るというもの。
メインステージは、ニコニコ町会議の中心ということもあり、参加者が一緒になって楽しめる、華やかで活気があるイベントが展開されていた。

一方、イベントブースでは、個人で楽しめるエリアとなっている。
「町お一人様カラオケ」や「町集合似顔絵」、「町射的」、ネットタレントの百花繚乱さんが調理する「繚乱たこやき」、などのブースが設置されていた。

中でも長蛇の列ができていたのが、「町似顔絵」だ。
「絵師」のぽあろさんが、その場で町集合似顔絵を披露。デフォルメされた自分たちの可愛い似顔絵を見ながら参加者同士の会話も盛り上がっていた。また、百花繚乱さんの繚乱たこやきには、「第1回の町会議の中継を見て、楽しみにしていた」という地元女子高校生たちは長蛇の列を気にする様子もなく並んでいた。まさに若さ爆発といったところか。


イベントブースにも多くの参加者が並び各ブースを楽しんでいた


このほか、個人で発明品を作りニコニコ動画で活動している「技術部」や地元宮崎県にゆかりのあるユーザーの展示も併設された。
中でも、ユーザー展示で人気が高かった「Ocufes」の展示体験ブースは、VRヘッドマウントディスプレー『Oculus Rift』のアプリが体験できた。実際にヘッドマウントディスプレーを装着してジェットコースターの3D映像を体験した参加者からは、「リアルすぎる」、「吐きそうなくらい凄い」と口々に興奮を語っていた。


個人発表で人気が高かった「Ocufes」でのVRヘッドマウントディスプレー体験


さてニコニコ町会議の楽しみは、ブースやイベントだけはない。そう、オリジナルグッズも参加者の楽しみだ。

物販ブースは、会場入口に儲けられていた。ここではニコニコ町会議オリジナルグッズが購入できる。販売されていたのは、「町会議Tシャツ」や「テレビちゃん町ぬいぐるみ」など、会場でしか入手できないレアグッズの数々だ。特に「町会議住民票」は炎天下の中でも長蛇の列が切れないほどの人気となっていた。

★実現は一人の女子高生から始まった
ニコニコ町会議は、ユーザーからの応募により実現に動き出す。ユーザー応募によりニコニコ側と自治体が交渉し、実現にと向かうのである。
今回、宮崎県初となる町会議が実現したのは、西都市の女子高生あげさん(ハンドルネーム)が、応募したからだ。あげさんは、「本当に来てくれてびっくりした」と驚きながらも、「地元でニコニコ町会議が開催されるのは嬉しい。これをきっかけに西都市でも、もっとニコニコ動画を見てくれるユーザーが増えて欲しい」と、夢が叶った嬉しさを話してくれた。


誘致した地元のユーザーのあげさん



なお、ニコニコ町会議の今後の開催は以下の予定

・8月3日(日)愛媛県宇和島市
・8月9日(土)福井県あわら市
・8月16日(土)宮城県富谷町
・8月24日(日)兵庫県新温泉町
・8月30日(土)山口県下関市
・9月7日(日)秋田県仙北市
・9月20日(土)東京都檜原村

お近くの方は、足を運んでみてはいかがだろうか。

ニコニコ町会議 全国ツアー2014


甲斐寿憲