写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」内の「ボーイズトイパークショップ」でティザーサイトが大きな話題となっていた玩具、『デジヴァイス ver.15th』の予約受付がスタートした。

『デジヴァイス』は、後に続く『デジタルモンスター』シリーズのTVアニメ第1作として1999年に放送された『デジモンアドベンチャー』にて、主人公たちが使用する携帯デバイス。アニメ放送がスタートした1999年に玩具が発売され、後の『D-3』や『ディーアーク』などともに人気を博した。今回の玩具は、『デジモンアドベンチャー』15周年企画の一環として制作され、6月のティザーサイト公開時には当時のファンたちを歓喜させ、1,000以上のリツイートとともに大きな話題に。新設計された『デジヴァイス ver.15th』は、イエローベースの「八神太一カラー」、ブルーベースの「石田ヤマトカラー」の2種類を発売。オリジナル版の形状を再現しつつ、15周年にふさわしいデザインにするため、ゼロから再設計されている。

予約開始にあわせて、ファン感涙のスペシャルPV「【デジモンアドベンチャー15周年】デジヴァイス復活の軌跡!」も公開。『デジモン』の懐かしの効果音も入り、本商品の魅力を解説している。

『デジヴァイス ver.15th』には、オリジナル版では収録のなかった究極体を新規収録しており、パートナーデジモンが、アグモン→ウォーグレイモン、ガブモン→メタルガルルモンのように、究極体へ進化。追加収録のテイルモンもホーリードラモンへと究極進化し、計8体が究極体へ進化を遂げる。

【成長期】→【成熟期】 →【完全体】     →【究極体】アグモン →グレイモン →メタルグレイモン  →ウォーグレイモンガブモン →ガルルモン →ワーガルルモン   →メタルガルルモンピヨモン →バードラモン→ガルダモン     →ホウオウモンテントモン→カブテリモン→アトラーカブテリモン→ヘラクルカブテリモンゴマモン →イッカクモン→ズドモン      →ヴァイクモンパルモン →トゲモン  →リリモン      →ロゼモンパタモン →エンジェモン→ホーリーエンジェモン→セラフィモン※     テイルモン →エンジェウーモン  →ホーリードラモン(※テイルモンは成熟期から収録)そして、劇場版『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』で初登場し、900体 を超える全デジモンの中でも今なお強い人気を誇るオメガモンが登場。同じく劇場版に登場したディアボロモンも敵として出現するという。さらに、オリジナル版では『デジヴァイス2』にのみ収録されていたテイルモンとウィザーモンも収録し、ゲームを進めていくうちにパートナーデジモンとして仲間に加えることが可能。そのほかにも、振った時の「カチャカチャ音」も再現した歩数カウント、通信コマンドでバトルといったオリジナル版の要素も搭載されている。

商品価格は各9,990円(税込)で、予約期間は8月1日〜2014年9月30日23:00。2014年12月発送の初回分には、購入特典としてデザインの異なるピンズ1個(太一カラーのピンズ/ヤマトカラーのピンズ)が付属する。さらに、八神太一カラーと石田ヤマトカラーの2種類を両方注文すると、ひと組につきノーマルカラーのピンズ(裏面にオメガモンのシルエット)が追加で付属するという。

なお、本日8月1日18:30より東京・台場にて『デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Event -今、冒険が進化する-』が開催され、この模様は動画サービス「ニコニコ生放送」にて生中継。すでに視聴予約は44,460件にのぼっている。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション