細胞は宇宙だ──72歳のホーキング博士、幹細胞と再生医療を語る

写真拡大

世界的理論物理学者であるスティーヴン・ホーキング博士が、iPS細胞、ES細胞など再生医療のさまざまな最先端の研究を紹介する「ホーキングが語る幹細胞と再生医療」がディスカバリーチャンネルで放送される。

「細胞は宇宙だ──72歳のホーキング博士、幹細胞と再生医療を語る」の写真・リンク付きの記事はこちら

ブラックホールは存在しない」など、革新的な研究や論文を発表し続けているスティーヴン・ホーキング博士。彼が現在、関心を寄せているのは「再生医療」だ。

自己複製する能力と、多様な細胞に分化する能力を持つ幹細胞は、再生医療への応用が期待されている。iPS細胞やES細胞など、さまざまな研究が進められているこの分野を、ホーキング博士が紹介していく「ホーキングが語る幹細胞と再生医療」が、ディスカバリーチャンネルにて放送される。

20歳の頃に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、余命わずかと宣告されながらも、72歳になる今日まで積極的に研究や執筆活動、講演を行い、「車椅子の物理学者」とも呼ばれるホーキング博士。最近では、iPS細胞によってALSの進行を遅らせることに成功した研究が発表され、この病気の治療に応用できる可能性が期待されている。

「細胞そのものが宇宙なのです」とホーキング博士は、この分野の研究の奥深さを語る。

iPS細胞を用いて臓器をつくる研究も進められており、患者の幹細胞から体の部位をつくれるようになることも現実味を帯びてきている。一方で、幹細胞の性質をもったがん細胞があるなど、危険な側面などもあるそうだ。そうした最先端の研究の数々を、ホーキング博士が自身の言葉とともに紹介していく。

8月には、ほかにも「ホーキング博士の好奇心:生きることとは?」など、ホーキング博士の関連番組が放送予定だ。

「ホーキングが語る幹細胞と再生医療」
ディスカバリーチャンネルにて、8月16日(土)13時〜放送。