上段左から有村架純、松坂桃李、下段:『くるみ割り人形』より ©1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN

写真拡大

増田セバスチャンの初監督作となる3D映画『くるみ割り人形』が、11月29日から全国公開される。

【もっと写真を見る】

チャイコフスキー作曲によるバレエ作品『くるみ割り人形』をもとにした同作。大切にしている「くるみ割り人形」をさらっていったネズミの大群を追って人形の国に迷いこんだ少女・クララが、くるみ割り人形に隠された悲しい秘密を知り、自らの命をかけて人形とネズミの戦いで奮闘する姿を描く。声優陣として、主人公クララ役に映画『思い出のマーニ―』で初声優を務めた有村架純、人形の国でクララと運命を出会いを果たす若き将校役に松坂桃李がキャスティングされている。

サンリオが製作する同作は、今年ハローキティが誕生40周年を迎えることを記念して、1979年に同社の製作のもと公開された同名人形アニメーション映画を「リ・クリエイト」するもの。初監督を務める増田は、かつてのネガフィルムを使用して全編を極彩色に再構築し、CGやアニメーションパートを組み込むことで、新たなミュージカルファンタジー作品に作り上げているという。

また、エンディングテーマ曲には増田がデビュー当時から美術演出などを手掛けているきゃりーぱみゅぱみゅの1stアルバムに収録されているバラード曲“おやすみ”を使用。中田ヤスタカが、レコーディング当時18歳だったきゃりーの声を使用し、曲全体をミックスし直した楽曲になっている。

【有村架純のコメント】
一人の少女が【愛】という大きなものをはじめて見つけた時、どういう女性に成長していくのか。大人の階段を一歩一歩駆け上がっていく姿に心打たれます。クララだけでなく、愛おしさがこみ上げてくる、忘れられないキャラクターたちが色鮮やかな世界で、生き生きと走り回っています。

【松坂桃李のコメント】
お子さんも大人も、見た人すべての心に届く、非常に温かみのある愛に満ち溢れた作品です。描き出される世界がとても綺麗で、思わず見とれてしまいました。寒い季節に公開される映画なので家族、友達、カップルでも一緒に見て温かい気持ちになって下さい。

【増田セバスチャン監督のコメント】
世界に誇るべき日本が生んだオリジナル・カルチャーの文脈がたくさん詰まっています。ここに「kawaii」の原点を見つけることができるでしょう。1秒1秒の情報量がすごく多く、全てのシーンに細かく仕掛けを入れているので、時間を忘れて世界観にどっぷりハマれるエンターテインメントになっています。今回初監督ということで、今までの経験をフルに活かして、「くるみ割り人形」を題材に現時点の自分にできる最大限の表現をしたつもりです。今回新たに追加した音楽、アニメーション、3D、豪華な声優陣と共に、自分が作品を通じて伝えたいメッセージをさらに増幅させて作り上げることが出来たので、今までの映画には無い新しい表現が生まれたと確信しています。エンディング曲「おやすみ」は、主人公クララが夢や妄想や幻想を旅しながら成長していくストーリーにぴったりだったので選曲しましたが、クララ役の有村さんの少女から大人になる瞬間の煌めきとマッチして、最後までどこまでが夢か現実かわからなくなるようなファンタジーが作れたと思います。繊細で傷つきやすかった頃に見ていたキラキラしたカラフルな景色を、ぜひ追体験してください!