自殺した人々の遺伝子変異を特定

ざっくり言うと

  • 自殺を図る人々が共通して持つとみられる遺伝子変異が特定された
  • 自殺した人々は「SKA2」遺伝子のレベルが著しく低下していると分かった
  • SKA2遺伝子は、マイナス思考を抑制し、衝動的行動を制御するために機能する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング