<WGC-ブリヂストン招待 初日◇31日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>
 WGC-ブリヂストン招待の初日。3人が出場している日本勢は松山英樹がイーブンパーの28位タイ、丸山大輔が3オーバーの55位タイ、竹谷佳孝が4オーバーの61位タイでそれぞれホールアウトした。以下は日本勢のコメント。
松山、タイガーのリアルタイム速報!WGC-ブリヂストン招待リーダーボード
松山英樹 イーブンパー28位タイ
今日は耐えたところもあったし、うまく伸ばせたところもありましたね。ドライバー以外がいい感じで打てている。ドライバーだけうまく修正できなかった。全体的にはパーセーブできたところもあったし、うまく打てているかな、と思う。
今日はそのドライバーとラフからのアプローチが良くなかった。これから練習してまた明日出来たらいい。
パットは今日は最初からずっといい感じで打てていた。折り返しの1番2番で取れていれば。自分のスイング自体がドライバーだけうまく振れていなかった。それが今日は残念でしたね。
コースを知っていると言っても、自分自身はあんまり変わらないです。あまり攻め方変わることもないし、昨年もボロボロの中でやっていましたからね。昨年はごまかしながらやっていたけど、今年はごまかしがきかない。
明日は自分のショット自体を修正していけたら、もっともっといいスコアで回れると思います。

丸山大輔 3オーバー55位タイ
久しぶりの米ツアーで相変わらず難しいなあ、という感じですね。それに手前からの何でもないアプローチなんかも難しい。日本と違って芝がペタペタしてて、バンスがはじかれる。芝が寝ててもはじかれる感じするし、芝の抵抗がぜんぜん違いますね。
こっちの選手はそういういろんなアプローチのバリエーションを持っている。ラフからでなくFWからでもアプローチが普通に難しい。あまり日本じゃないこと。
そういうところで、イージーボギー打たないように。そういうのしてるとどんどん離されるんで。それにそうしていかないと4日間もたないからね(笑)どうしようもないボギーは仕方ないけど、こんないいところからボギーかよって(笑)というのなくさないと。
まだまだ先は長いけど、どこかで1回はアンダーで回りたいですね。1回アンダーで回れたらうれしいですね。

竹谷佳孝 4オーバー61位タイ
まずは気持ちを切らさないことですね。ボギー、ダボあたりは少し気持ちの面で難しく考えすぎちゃって。ショートゲームはなんとなくつかめてきたような気がします。あと3日あるし、自分のゴルフがどこまで出来るか、あとは少しでも上で終われるように、しっかり自分で出来ることしていきたい。
ここへきてもいつも通りにやっています。月曜から今日で4日目になりますけど、一番リラックスできてますね。体調もいいし、今日は体もいい動き出来ていた。
ゴルフの面では今日は縦の距離が合っていなかった。明日はそこを調整していきたいですね。今週はFWキープを課題にした以上は、そこしっかりやっていけば、次にチャンス出てくると思う。
はあ、でも疲れたあ(笑)でもここはティショットが大事ですね。それできれば、少しはなんとかなると思えてきました。
【初日の順位】
1位:マーク・リーシュマン(-6)
2位T:ライアン・ムーア(-5)
2位T:チャール・シュワーツェル(-5)
2位T:ジャスティン・ローズ(-5)
5位T:パトリック・リード(-3)
5位T:フランチェスコ・モリナリ(-3)
5位T:グラハム・デラート(-3)
5位T:リッキー・ファウラー(-3)
9位T:タイガー・ウッズ(-2)他
14位T:ローリー・マキロイ(-1)他
28位T:松山英樹(E)他
55位T:丸山大輔(+3)他
61位T:竹谷佳孝(+4)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>