30日、中国の女子フィギュアスケート選手・李子君は騰訊体育の取材に応じ、「中国のキム・ヨナを目指したい」とする発言が韓国でバッシングを受けていると報じられたことについて、「そのような発言はしていない」と否定した。写真は李子君。

写真拡大

2014年7月30日、中国の女子フィギュアスケート選手・李子君(リー・ズージュン)は騰訊体育の取材に応じ、「中国のキム・ヨナを目指したい」とする発言が韓国でバッシングを受けていると報じられたことについて、「そのような発言はしていない」と否定した。

【その他の写真】

韓国の複数のメディアは、北京で行われたイベントで李子君が「中国のキム・ヨナを目指したい」と発言したとする中国メディアの報道を転載。韓国のネットユーザーは「そんな資格はない」「女神は1人。キム・ヨナの代わりは誰にも務まらない」などとバッシングを浴びせていた。

こうした騒動を受け、李子君は「イベントでそのような発言はしていない」と潔白を主張。「(問題の発言は)おそらく記者が書き加えたもの」とした上で、「キム・ヨナを目指そうとは思わない。自分の目標は最高の自分になること」と反論した。(翻訳・編集/NY)