左:『虐殺器官』(C)Project Itoh/GENOCIDAL ORGAN 右:『ハーモニー』(C)Project Itoh/HARMONY

写真拡大

2015年、「Project Itoh」として劇場アニメ化されることが発表されている、2009年に亡くなった小説家・伊藤計劃さんによる長編小説『虐殺器官』・『ハーモニー』。

8月1日(金)、イラストレーター・redjuiceさんによる新ビジュアルを発表。同時に、PV第2弾も公開された。公式Twitterも開設され、いよいよ本格的にプロジェクトが始動する。

「Project Itoh PV 第2弾」(redjuiceイラストVer.)




redjuiceによる新ビジュアル


「Project Itoh」は、フジテレビの深夜アニメ枠・ノイタミナの10周年を記念して、2014年冬に上映となる『劇場版PSYCHO-PASS サイコパス』に続くノイタミナムービーの第2弾。

今回新たに公開されたビジュアルは、『虐殺器官』のクラヴィス・シェパードと、『ハーモニー』の霧慧トァンだ。

イラストを手がけているredjuiceさんは、これまで、同じくノイタミナの「ギルティクラウン」のキャラクター原案や、メディアミックス作品として展開されているSF大作「BEATLESS」のイラストなどをつとめている。

クリエイター集団・supercellのメンバーとしても活動、2013年末には自身初となる画集『REDBOX』も刊行している。

新ビジュアルカバー版の小説も発売


そして、発表されたイラストを表紙として、『虐殺器官』・『ハーモニー』の新ビジュアルカバー版が発売されることもわかった。どちらも、8月8日(金)に早川書房より同時発売される。

これで、最初の文庫化を含め、表紙ビジュアルが新装して刊行されるのは両作とも3度目となる。最初の『虐殺器官』のイラストは佐伯経多さんと新間大悟さんが、同じく『ハーモニー』はシライシユウコさんが手がけている。