打ち水や抽選会、着付けサービスも!涼を感じる☆ゆかたで銀ぶら2014

写真拡大

大正時代に銀座でブラジルコーヒーを飲むのが流行したから、という説もある「銀ブラ」。でも、やっぱり銀座でぶらぶらお散歩する意味の「銀ぶら」のほうが楽しそう!

8月3日(日)には、13:00から16:00にかけて銀座中央通りの歩行者天国で「ゆかたで銀ぶら2014」が開催。このイベントは、8年前から始まったもので、涼を感じられる「和」のおもてなしが詰まった、真夏の銀座の風物詩。

15:00から20分おきに3回実施される打ち水イベント「銀座千人涼風計画」では、暑い銀座の温度を下げるべく、一斉に打ち水大作戦を展開。参加者には、ペットボトルの飲料水がプレゼントされるとか。また、ゆかたを含む和装の方を対象に銀座の「なぞ解き巡り」で正解すれば、ゆかたやバッグ、お食事券など豪華賞品が当たるという「大銀座抽選会」も。こちらは13:00から15:45までの開催で、先着1000名にチャンスが。

街歩きにちょっと疲れたら、冷たいコーヒーや緑茶が飲めるお休み処「銀座茶屋」へどうぞ。東日本大震災の被災地への義援金に協力していただいた方には、無料でドリンクをサービス。13:00から用意した飲み物がなくなるまでの開催。

さらに、「ゆかたは持ってるけど、着方がよく分からない」という方には「ゆかた無料着付け処」がオススメ! ゆかたや帯など一式と下駄を持っていけば、松屋銀座(先着70名、10:00〜14:00)と銀座コア(先着60名、11:00〜14:00)の2会場で利用可能。

このほかにも、氷柱や氷像が飾られたり、スノーマシンの雪が降ったり、1日限りの縁日が松屋の屋上に登場したり・・・。暑い夏の一日を涼やかに楽しむなら、まずはゆかたを着て、銀座へGO!