【図表1】SMBC日興証券の資料では、コンセンサス情報が銘柄選択の参考になるだろう

写真拡大

先週から国内企業の2015年3月期第1四半期決算発表が本格化している。発表のピークは8月8日。決算や企業業績を見ていく上で役に立つのが「コンセンサス情報」だ。身近なネット証券を利用し、その入手法と使い方を紹介しよう。

 2015年3月期初の会社業績予想は全般的に保守的だった。そこで、着眼点のひとつが「今期業績の会社予想と市場予想の乖離が大きい」こと。企業予想よりもプロのアナリストの平均的な味方である「コンセンサス」が上回っていれば、決算発表時期や、将来的に上方修正が出る可能性もある。

コンセンサス予想が見られる決算発表スケジュール

 SMBC日興証券で日々配信される「Daily Outlook」(7月18日、会員向け)で、2015年3月期第1四半期決算発表スケジュール(7月22日〜8月1日)が掲載された【図表1】。

 この表のポイントは、通期の経常利益について、会社予想とコンセンサス予想が併記されていること。たとえば、日産自動車(7201)、オムロン(6645)、ホンダ(7267)、三菱電機(6503)ほか、コンセンサス予想が会社予想を上回る銘柄が多数見つかる。

最新コンセンサス情報を加工して有望銘柄を探す

 マネックス証券では、「決算&業績予想(IFIS)」で、さまざまな決算情報が見られる。経常利益の会社予想やコンセンサス予想が見られるだけでなく、データをCSV形式でダウンロードできるため、表計算ソフトを使って簡単にデータを加工できる。

 【図表2】は、「経常利益予想コンセンサス上昇ランキング」を表計算ソフトで加工したものだ。1週間以内に経常利益予想コンセンサスが上昇した銘柄について、【図表2】では、増益率の「コンセンサス−会社予想」を計算し、数値が大きいもの順に並び替えた。

【図表2】増益率の予想差が大きい銘柄
会社名(コード) 増益率:
Cons-会社予想(%)
増益率_Cons.(%) 増益率_会社予想(%) レーティング
1 mixi(1332) 1263.82 4966.1 3702.28 2
2 Jディスプレイ(6740) 84.33 149.49 65.16 4.5
3 日本航空電子工業(6807) 32.66 36.2 3.54 3.88
4 テレビ東京H(9413) 28.75 -2.8 -31.55 3.25
5 パイオニア(6773) 28.51 75.25 46.74 3.2
6 富士通(6702) 27.82 27.82 4.13
7 中部電力(9502) 25.22 146.81 121.59 3.17
8 東芝(6502) 21.55 59.72 38.17 4.39
9 ローム(6963) 21.16 -7.84 -29 3.5
10 バンダイナムコH(7832) 18.06 12.88 -5.18 4.14
11 マブチモーター(6592) 17.54 -5.68 -23.22 3.91
12 NEC(6701) 15.72 45.87 30.15 3.91
13 大成建設(1801) 15.31 -17.74 -33.05 3.83
14 ディスコ(6146) 13.1 22.57 9.47 47.15
15 大日本住友製薬(4506) 11.91 -41.33 -53.24 2.11
16 スズキ(7269) 11.54 11.62 0.08 3.71
17 東京精密(7729) 11.49 15.66 4.17 4
18 東京電力(9501) 10.75 10.75 1
19 三菱瓦斯化学(4182) 9.8 23.68 13.88 3.89
20 三菱電機(6503) 9.56 13.98 4.42 3.38
21 トヨタ紡織(3116) 9.47 -18.56 -28.03 1.8
22 ニチコン(6996) 9.46 -9.73 -19.19 3.4
23 スギH(7649) 8.92 4.96 -3.96 3.13
24 ヤマハ発動機(7272) 8.9 37.04 28.14 3.18
25 三井化学(4183) 8.55 46.19 37.64 3.13
26 前田建設工業(1824) 8.13 10.06 1.93 4.17
27 セリア(2782) 7.32 7.89 0.57 3
28 大林組(1802) 6.85 4.02 -2.83 3.75
29 オリンパス(7733) 6.66 44.15 37.49 4.29
30 コスモス薬品(3349) 6.41 7 0.59 2.5
31 日揮(1963) 5.87 -23.62 -29.49 3.71
32 高島屋(8233) 5.8 7.75 1.95 2.64
33 ヤオコー(8279) 5.58 6.93 1.35 4.5
34 三菱重工業(7011) 5.51 31.08 25.57 4.4
35 ミスミG(9962) 5.39 12.34 6.95 4.67
36 シスメックス(6869) 5.33 11.9 6.57 3.79
37 エフピコ(7947) 5 15.4 10.4 3.4
38 テレビ朝日H(9409) 4.58 -0.23 -4.81 3.88
39 ダイキン工業(6367) 4.44 12.16 7.72 3.75
40 T&DH(8795) 4.24 -15.75 -19.99 3.8
41 ファンケル(4921) 3.52 -2.63 -6.15 3.5
42 日本ケミコン(6997) 3.49 15.01 11.52 3.4
43 大塚商会(4768) 3.41 15.33 11.92 3.56
44 セブン&アイH(3382) 2.59 6.99 4.4 4.47
45 キヤノン(7751) 2.13 8.57 6.44 3.19
46 ツルハH(3391) 1.98 16.11 14.13 5
47 イビデン(4062) 1.64 -13.86 -15.5 3.29
48 ニトリH(9843) 1.3 5.28 3.98 3.62
「経常利益予想コンセンサス上昇ランキング」(7月18日時点)。「増益率:Cons−会社予想(%)」の項目を加え、数値の高い順に並び替えた

 市場の期待が大きく、会社予想が保守的な銘柄が見つかると考えられる。アナリストのレーティングも見られる。

 たとえば、ディスコ(6146)、前田建設工業(1824)などは、レーティングが4以上と高い銘柄だ(いずれも決算発表は8月7日)。

 なお、マネックス証券の「決算&業績予想(IFIS)」は、口座を開設していれば、無料で利用できる。自分でアクセスしてチェックすれば、最新情報を入手可能だ。

◆マネックス証券【証券情報⇒マネックス証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】 プログラムトレードができる高機能無料ツール「マネックストレーダー」、リスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」、日本株や先物取引についてロボットの投信判断を日々配信する「マネックスシグナル」などユニークなサービスを展開する大手ネット証券。投資信託も1000円から積立ができる。
【関連記事】【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)